test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 「中国で宿題を苦に男子生徒2人が自殺!」

中国東部の江蘇省の省都、南京で2日
宿題を苦にして10代の男子生徒2人が相次いで自殺したと
国営英字紙チャイナ・デーリーが3日、報じた。

教育面で中国の生徒たちが負う膨大な負担が極端な形で表れたといえる。

暗記や試験など熾烈な競争を強いられる教育制度のもと
中国の生徒たちは学校で1日平均8.6時間の授業を受けた後
帰宅してからも宿題に数時間を費やす。

こうした状況のなか、チャイナ・デーリーによると南京で2日午前
15歳の男子生徒が3日間の連休中に宿題を終えられなかったことを
苦にして飛び降り自殺した。

さらに同日、やはり南京で13歳の男子生徒が自宅で首をつった。
連休中の宿題を終えるために朝4時に起きたが
2時間後に死亡しているのが見つかったという。

男子生徒が残した遺書には、「大好きな両親に申し訳なく思う」
「墓には好きだった百合の花を手向けてほしい」などと書かれていた。

中国は国内全土への普通教育普及で著しい成果をあげており
国連(UN)の調べによれば、若者の識字率は99%にも達する。
その一方で、暗記や試験重視で
しゃくし定規な教育方法に親たちから苦情も出ている。

なかには学校での勉強時間が毎日12時間にも達する生徒もいることが
2007年に中国青少年研究所が行った調査で明らかになっている。

さらに、こうした生徒たちは家庭でも宿題に数時間を費やしているとみられる。

北京を拠点とする21世紀教育研究院の熊丙奇副院長は
チャイナ・デーリーの取材に
「試験の点数は今でも生徒を評価する重要な要素で
大学に進学する生徒にとっては唯一の評価といえる」と語る。
「だから当然、教師たちは生徒に大量の宿題を課すことになる」と語った。

中国宿題

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。