test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆「容疑者兄弟の父親語る 露紙インタビュー!」

米ボストン・マラソン爆発事件の容疑者兄弟の父親が
22日のインタビューの中で、息子2人は無実であり
爆発事件を実行していないと語った。

兄弟の父親であるアンゾル・ツァルナエフさんは
コムソモリスカヤ・プラウダ紙の取材に対し
息子のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)と
ジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)は
ロシアに戻って仕事をする将来像を描いていたと語り
2人の息子は米国で「学び、働いていた」と述べた。

「私はテレビで放送されていることしか知らない。
アラーが許してくださるのなら、アメリカに行って息子に会いたい」
(アンゾル・ツァルナエフさん)

■「爆発事件はFBIの画策」
アンゾルさんがタメルラン容疑者に最後に話したのは
爆発事件後のことだった。

自分が容疑者になったことを電話で告げられたと語っていたという。

事件は米連邦捜査局(FBI)の画策したものだとアンゾルさんは述べ
FBIが「タルメランを常に監視下に置いていた」と主張した。

「(FBIは)タメルランとジョハルが、ちょうど悪い時間に
悪い場所にいるよう仕組んだに違いない」

「やつらが息子たちに発砲し始めたとき、タメルランは
ジョハルを学校に送るところだった」とアンゾルさんは主張する。
「これは仕組まれた、政治的な指令による、ハリウッドショーだ」

■兄は「高潔なイスラム教徒」、弟は「優等生」
「タメルランは何度か職を変えた。郵便配送、タイヤ交換、
ボクシングのトレーナーもやり、この数か月はベビーシッターだった。
タメルランの妻は働いていたので
彼は3歳の子どもといっしょに家で過ごしていた。
彼女は体の不自由な人々の世話をしていた」

タメルラン容疑者は今年1月、25歳の誕生日を過ぎた後に
ロシアを最後に訪れたという。だが、タメルラン容疑者は現在26歳
アンゾルさんは去年のことを話していたと思われる。

「(タメルランは)帰りたくない、家族をこっちに連れてきたい、と言っていた。
彼はボストンで有名なボクサーだったけど、米国が好きじゃなかったようだ」

また、タメルラン容疑者がイスラム過激思想を
信じていたことをアンゾルさんは否定した。

「タメルランは結婚後に宗教的になった。毎週金曜日にモスクに行き
1日5回礼拝するようになった。彼は高潔なイスラム教徒だった。
かけられている容疑のようなことをやれるはずがない」

 一方、ジョハル容疑者については、
「ケンブリッジの優等生だった。プールの監視員として働き、
大きな夢を持っていた。医師になり、事業を始めて、帰国することだ」と語った。

(ジョハルは)こう言っていた。父さん、心配するな。
ぼくが勉強を終わらせてこっちに来るよ「父さんを手伝うよと」語った。

容疑者の父親

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。