test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆まるで霊感商法!?中国に媚を売る「媚中派」と李登輝の「尖閣諸島は日本の領土」発言

日本の領土である尖閣諸島。

s-senkaku.jpg



しかし、海底資源があるとわかったとたんに、
中国が国際法も歴史も無視して中国の領土であると言い出し、
虎視眈々と侵略を企んでいます。




先日、石原慎太郎知事が尖閣諸島を守ろうとしない政府にかわって、

s-ImageStream.jpg


「東京が尖閣を守る」
「どこの国が嫌がろうと、日本人が日本の国土を守る」


と、都で地権者の男性から島を買い取るという話が話題になりました。






尖閣諸島を狙う中国はさまざまなルートで買い取ろうとしていたそうで、

40億円


を提示したこともあったそうですが、所有者は、


「私が所有者である限り、あの島は日本の領土です」
「もし仮に私の子孫が途絶えても、その時島の所有権は日本に移る」
「あの島は永遠に日本の領土です」


という思いで拒否していたそうです。

外国企業から350億円で売却して欲しいと言われても断っていたそうですから、
かなりの愛国心ですよね。


しかし、民主党政権ではどうなるかわからないと言うことで、
石原都知事になら、と売却を決意したそうです。






この尖閣諸島の問題に対して

台湾の李登輝(りとうき)元総統が、

84195d9c.jpg

非常に明快なメッセージを発しています。


「これまで何度も話しているが、尖閣諸島は日本の領土だ」




日本のメディアに対しては

「尖閣諸島は日本の領土であり、道理に合わないことを主張する中国に譲歩する必要はない」





尖閣諸島は中国のものだという中国の主張を

「美人を見て自分の妻だと言っているかのようだ」
(このたとえは非常に分かりやすくて面白いですね)




石原慎太郎都知事が尖閣諸島を東京都で購入する案について

「国の政治が良くないせいだ。台湾と同じだ」




2010年9月に起きた、
尖閣諸島沖での海上保安庁の巡視船と中国の漁船が衝突した事件で、
日本政府が漁船の船長を釈放したことを、

「きわめて遺憾だ」




中国政府が尖閣諸島の領有を主張していることについて、

「中華帝国覇権主義的な領土観にもとづいた主張であって、
かつて朝貢していた国を自分たちの領土の外周だと考えている」





『清の時代に光緒帝が皇太后の病気を治すために、民が尖閣諸島の近海で採った薬草を使い、後に島をその民に与えた』
という古文書を中国が根拠として挙げている点については

「国際法上、何の根拠にもならない」







・・・胸のすくような発言で日本人として大変ありがたく思います。
非常に明確で分かりやすく、道理にかなっています。




しかし、これらの発言は、

当たり前のことを言っているにすぎない

んですよね。




中国に対して対抗手段をとろうとすると、


「ことを荒立てるな」
「そんなことは市民は望んでいない」
「問題はいっそうこじれるだろう」
「日本がアジアの孤児になる」



などと意味不明で遠まわしな、

国防や国益どころか事実や論理すら無視した屁理屈



中国をかばう妙な連中

が日本のマスコミに多いために、この李登輝のただの当たり前の発言が、
ものすごい発言のように思えてしまいます。




ちなみに私はこういう反日左翼のマスコミのような、
反対なら反対ではっきり自分の意見を言えばいいのにそうはせず、
遠まわしな嫌味や捨て台詞をはいて人の足を引っ張る人間が大嫌いです。






そして私はこういった

「媚中」(中国に媚びる)


と呼ばれる彼らの言動が何かに似てるな~といつも感じていたのですが、
やっとわかりました。

「霊感商法」

にそっくりなんですよね。




何の価値も無い、買っても何の得にもならない安物のツボを、

「ツボを買わないと不幸が起こるぞ」

と脅して売りつける。




中国の言いなりになっても日本に何の得も無いのに、

「中国の言いなりにならないと不幸が起こるぞ」

と言うあいまいで抽象的な言葉で脅す。




ツボを買っても中国のいうことを聞いてやっても、
現実的なメリットなんかひとつもないから

「不幸が起こってもいいのか!?」

と非科学的なことで脅すしかないんですよね。




また、マスコミや左翼はよく「アジアが~」と言いますが、
(そのアジアって中国と韓国しかないのかとツッコまれるアレですね)
台湾なんか特にそうですが、
アジア諸国は平気で他国を侵略する中国を非常に危惧しています。

「アジアの声が~」などというなら、
そういうのもきちんと報道しなければならないはずなのですが、
反日の多い日本のマスコミでは難しいのかも。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。