test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆『整形税』で性差別?!「●●拡大は課税で●●拡大は非課税!」

以前のブログ『整形税』で紹介した話の続き。

美容整形がさかんな韓国。
なんと、17~19歳のうちなんと15.4%が手術を受けるそうです。

その韓国で、美容整形に10%の税金(消費税みたいなもの)が課されることになりました。

しかし、整形税といっても、やけど治療や斜視の矯正のような、
治療目的なものは非課税だそうです。


その中で、どういうわけか、

■女の豊胸手術は課税
■男の性器拡大は非課税

なんだそうです。


当然、

「これは性差別ではないのか」
「事実上の醜女税ではないのか」

という声が上がっているそうです。



…確かに、「えっ?!なんで?」とは思いますよね。

乳房を大きくするのも性器を大きくするのも、
どっちもただの見栄とか自己満足を満たすための美容目的なのに。

性交渉も不可能なほど性器が小さいとかなら話は別ですが、
そんな男が何%いるのやら。

しかし醜女(ブス)税ってすごい名前ですよね。
韓国では胸の大きさが女性の外見としてそんなに重視されるんでしょうか?
整形をバンバンやるところからみて外見が重視されるのは想像できますが…。


韓国は男尊女卑だからこんなことが起こるの!?と思う人もいるかもしれませんが、
実は、これと同じような話は日本でも起きています。

女性が自分の意思で避妊できる低用量ピルはなかなか承認されないのに、
勃起不全に効果のあるバイアグラは6力月という異常なの速さで承認されたことなどです。


ピルの承認を訴えていたある女性議員が、

「やはり国会は男性優遇だ」

としみじみ嘆いていたのを思い出します。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。