test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「命懸けの懸垂」

韓国で起こった事件。


中学2年生のA君(14)が、マンション7階の通路に設置された鉄製の防護柵にぶら下がり、
「命懸けの懸垂」と呼ばれる遊びをしていて、転落した。
A君は住民の通報で救急車で病院に運ばれたが、死亡。

警察によると、A君はS君と、同じマンションに住む同級生のH君と一緒に遊んでいて、
H君が学校の制服に着替えるため自宅へ戻ったとき、防護柵にぶら下がったという。



A君の友人S君(14)の話。

「友達が突然、『命懸けの懸垂をやる』と言い、止めるのを聞かず、防護柵にぶら下がった。
『懸垂』をする場面は見ていないが、友達が『助けてくれ』と言ったため、引き上げようとしたところ、
『あっ』と叫んで落ちていった」


高層の建物の防護柵にぶら下がる「命懸けの懸垂」は最近、
インターネットのコミュニティーで知られるようになり、動画も出回っているそうです。



この動画を検索して見つけました。
鉄塔の、握りにくくて、滑りやすそうな太め鉄棒をつかみ懸垂していました。
手を滑らせたら100%落下して死ぬ場所での懸垂でした…。

懸垂って実際やってみると、かなり力がいるし、しんどくて疲れますよね。
一見、たくましそうに見える人でも一回もできない人もいるし。

中学生のころって無謀で危険なことをしたくなる年頃だから、
絶対にマネさせないようにしないといけないですね…。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。