test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆「生態系保護区で大規模火災」

ブラジル南部リオグランデドスル州のタイム生態系保護拠点で
26日に発生した火災は翌27日になっても燃え続け、

約1400エーカーが焼失したとみられる。

陸からも海からも近づくことができないため
さらに燃え広がる可能性が高いという。

火災
スポンサーサイト

☆「米、小学校銃乱射事件、わずか5分!」

昨年12月に米コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で起きた銃乱射事件で
子供20人と職員6人を射殺したアダム・ランザ容疑者(当時20)の犯行は
たった5分ほどの間に行われていたことが28日、捜査当局が公開した資料により明らかになった。

資料は所々が黒塗りで、ランザ容疑者が自宅で母親の頭を撃って殺害した後
小学校で銃を乱射して自殺するに至った動機の手がかりとなる新たな情報は見当たらなかった
ただ、ランザ容疑者が銃を乱射しながら小学校に侵入してから自殺するまでの時間については
5分もかかっていなかったことが推測できるという。

ランザ容疑者が小学校で乱射した銃はブッシュマスター製のライフルで、
自殺に用いたのはグロック(Glock)製10ミリ口径の拳銃だった。

このほかにもランザ容疑者は、SIGザウアー製9ミリ口径の拳銃を携帯し、
小学校に乗り付けた自家用車内からも弾丸がこめられた散弾銃が見つかっている。

公開された捜査資料によると、ランザ容疑者と母親のナンシー・ランザさんが暮らしていた
ニュータウン郊外の家には、膨大な銃のコレクションや弾薬があった。

コレクションにはウィンチェスターライフル
エンフィールド型ボルトアクション・ライフル、ルガー拳銃などのほか
日本刀3本も見つかっている。

これらの銃刀類は母親の名前で登録されていた
だが保管庫の扉にこじ開けた形跡が見られなかったことから
厳重に保管されていなかったことがうかがえる。

またランザ容疑者に殺害された母親については、
「2階主寝室のベッドの上に、あおむけに倒れた白人中年女性の死体があった」と書かれていた。

捜査当局が押収した証拠物品には、
ランザ容疑者の日記や暴力的描写も含まれる戦争をテーマにしたビデオゲーム
「コール・オブ・デューティ」なども含まれていた。

同容疑者の寝室とみられる部屋にあったパソコンは、ハードディスクが破壊されていたという。

銃乱射事件

☆「シリアで大学に迫撃砲!」

シリア・ダマスカスにあるダマスカス大学に28日、
迫撃砲が撃ち込まれ、学生ら少なくとも15人が死亡した。

国営メディアは「テロリスト」の仕業だとして、反政府派を非難している。

政府軍と反政府派の戦闘が激化する中
戦闘はダマスカス周辺地域にまで拡大。
政府軍は戦闘機を投入し
反体制派が占拠するイルビン地区や
ダマスカス東郊への攻撃を行っている。

国営シリア・アラブ通信によると
ダマスカス大学のアメル・マルディーニ学長は
「テロリストらが建築学部を狙って発射した迫撃砲で
学生15人が死亡した」と話している
同学部のカフェテリアにいた学生6人が負傷したと伝えた。

また、政府系テレビ局イフバリヤは
ガラスの破片が飛び散り
椅子がひっくり返った血まみれの大学構内のカフェテリアの様子を放送。

映像には、重傷を負った学生たちの手当てを行う医師たちの姿も映っており
学生の中には意識を失っている人もいた。

反体制派は今年に入り
国営テレビ局の本社があるウマイヤド広場など
ダマスカス中心部への迫撃砲による攻撃を強化しており
政府はバッシャール・アサド大統領率いる現政権への
攻撃を強める反政府派を「テロリスト」と呼んでいる。

シリア大学

☆「ベルギー」糊にカカオ成分入りの「チョコレート切手」

ベルギー郵政省は月曜日、53万8000枚の「チョコレート切手」を発行した。
切手の表面にチョコレートの図案、裏面にカカオ油の成分を含んだ糊が使用されている。

ベルギーの切手収集家マリ・クレール・ベルスティシェルさんは、
「味はちょっと残念ですが、いい匂いがします」と語った。

ベルギーでは、イースターはチョコレートの季節。
スーパーマーケットや菓子店には、チョコレートのイースターエッグやウサギが並ぶ。

切手は5枚組で6.2ユーロ (およそ750円)だそうです。

☆「ケニア象牙密輸業者.罰金1ドル?」

ケニアに大量の象牙を持ち込み逮捕された中国人密輸業者が
密輸品1個につきわずか1ドル(約94円)足らずの罰金を支払い釈放された
ケニア野生生物庁が26日に明かした。

同庁によると、コンゴ民主共和国(旧ザイール)から
香港に向かっていたこの密輸業者は24日
ケニアの首都ナイロビの空港での乗り継ぎ中に逮捕された。

荷物からは象牙加工品439個が発見された
象牙は指ほどの長さの断片に細かく切断されて茶色に塗られ
「スーツケースに隠されていた。

樹皮と混ぜて伝統薬に見えるように偽装されていた」という
業者は25日、総額350ドル(約3万3000円)の罰金を支払って釈放された。

専門家によると
象牙は闇市場で1キロ約2500ドル(約23万6000円)で
取引されている。

東アフリカでは近年、密猟が急増しているが
密輸を軽犯罪として扱う刑法により
裁判所が下せる量刑は制限されている。

アフリカでは20世紀半ば
数百万頭のゾウが生息していたが
1980年代末には約60万頭にまで減少。

象牙の取引はごく一部の例外を除き
1989年から違法とされている。

アフリカには現在、推定47万2000頭のゾウが生息しているが
密猟や人口増加による生息地の減少などにより生存が脅かされている。

10505471.jpg
ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
02 ≪│2013/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。