test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆雪かきボランティア6000円!・・・えっ払うの?

毎年3~4メートルの積雪がある豪雪地帯で、
お年寄りが6世帯暮らす十日町市の池谷集落。

o0300020011632526075.jpg


お年寄りにとって除雪は重労働のため東日本大震災後は、

東京のNPO法人「JEN」
http://www.jen-npo.org/


が除雪作業などの復興支援をし、
地元では都会からのボランティアを受け入れる住民団体

「十日町市地域おこし実行委員会」
http://shop.iketani.org/


を発足させ雪かきボランティアの参加者を募集しているそうです。


雪かきは来年1~2月に計4回、
各回定員15人で行われるそうです。


ここまでならよくある(?)話なのですが、
その条件がヒドい!とネットで話題になっています。

その条件と言うのが、

■2泊3日4食付で参加費は6000円。


6000円で雪かきかぁ、ちょっと安いけどボランティアだしね・・・

えっ、金を取るの!?



でも2泊3日で4食ついているって言うし、
ご飯と旅館まで用意してくれるんだったらこんなものかな?

ご飯はきっと、笑顔のおばあちゃんが、
大きな鍋で郷土料理を振舞ってくれたりするんだろうな。
その笑顔をみたら雪下ろしの疲れなんて吹っ飛んじゃうよ!

・・・って思いますよね。

ところが、


■食事は参加者の食事当番が交代で自炊する形となります


・・・あれだ、きっと旅館には温泉があったりするんだ。
温泉に浸かったら雪下ろしの疲れなんて吹っ飛んじゃうよ!

・・・って思いますよね。

ところが、


■宿泊場所は廃校になった小学校を改築した「やまのまなびや」


そのやまのまなびやの画像はこれ。

pic_04.jpg

pic_05.jpg

おまけに風呂なし、シャワー有り、寝具は寝袋

しかも注意事項として、

※ストーブ、寝袋、電気毛布は用意しておりますが、
非常に寒さの厳しい宿泊場所となりますことあらかじめご了承ください。

だそうです。

おまけに現地までの交通費も自腹
しかもボランティア保険にも自腹で加入しないといけなくて、
スキーウエアなどの防寒具一式も自分もちだそうです。


わかりやすくまとめると、

・参加費は6000円
・交通費は自腹
・保険も自腹
・飯は自炊、当番制
・風呂はシャワーのみ
・宿泊場所は非常に寒さが厳しくおまけに寝袋
・防寒具は自分で用意

この条件で4日間雪下ろししろってことですね、6000円払って。



こっちの公式サイトに詳しく載っているので見てください。
スノーバスターズ2012開催します!
http://ameblo.jp/iketaniiriyama/entry-11088635360.html





なんというか、
労働力や金をボランティアには使わせるけど、
私たちNPOや年よりはな~んにもしませんよ、
助成金や参加費は私たちがもらうけどね!

と言っている感じがしてなりません。

(このNPOの人間もみんな一緒に雪かきに参加するならイメージは変わるんですが)


せめて交通費くらいは市が出すべきなんじゃないでしょうか。


ボランティアはいいことだと思うし、
私もたまに町の清掃のボランティアに参加したりしているのですが、
どうもこういう、しれっと図々しいことを書いてあるところは胡散臭く感じてしまいます。


善意を利用されているのにも気づかず笑顔の心優しいボランティアと、
彼らを利用して金儲けしている人間がほくそ笑んでいるように思われて、
どうにもすっきりとしません。


他人のためになにかしたい心優しい人ではなく、
そういった人間を利用して金儲けしたり、
助成金を中間搾取したい人間がNPOをやりたがるような気がして仕方がなかったのですが、
こういう条件をみていると本当にそんな気がしてなりません。


もしかしたら甘く軽く考えて雪かきに参加するボランティアをはじくためなのかもしれませんが、
それでもちょっと納得がいきません。
スポンサーサイト

☆京都市のゴミの持ち去り禁止条例にホームレス猛反発!

京都市でアルミ缶など資源ごみの持ち去りを禁止する条例が提案されたそうです。

これに対し、廃品回収で生計を立てているホームレスたちは
「生存の侵害だ!」と猛反発。

支援団体など16団体が連名で改正条例案に反対する共同声明を発表したそうです。


■京都市の言い分

収集した資源ごみをリサイクル業者に売却しており、08年度の収入は、
アルミ缶:約8800万円 スチール缶:約6200万円。
これらのデータから持ち去られたアルミ缶の額は約1700万円。

「集積場を散らかされる、深夜や早朝にうるさい」と市民からの苦情が絶えない。

「業者が車で持ち去るケースも少なくない」

「ホームレスの自立支援と条例改正は別々の問題」

「環境モデル都市として、市民のリサイクル意識を高めごみの減量を推進していきたい」


■ホームレスの支援団体の言い分

「多くの野宿者が廃品回収で収入を得ており、
他の適切な労働・福祉政策を示さないまま条例を改正するのは生存権の侵害だ」

「ホームレス支援の施策に欠陥があるのに、それを補う施策を示さず、
一刀両断に持ち去り禁止というのは時期尚早で強引すぎる」

「ホームレスに死ねと言うに等しい」



ホームレスが道端の空き缶を拾って街をキレイにしてくれるならともかく、
リサイクルや市の税収のために市民が苦労して分別したゴミ袋を、
大騒ぎしするわゴミ捨て場を散らかすわして(そういう人ばかりでもないでしょうけど)
ホームレスが横からもっていったら、そりゃ市民はいい気はしないでしょう。

それにこの手のニュース、いつも支援団体の声ばかりで、
ホームレス自身の声はあまり出てこないですね。

この手の支援団体って胡散臭くてどうも好きではありません。

そんなに言うなら自分たちのところで雇うとか家に住ませてやるとかすればいいのに、
そういうことをせず市にばかり噛み付くのは、
どうせ利権がらみか税金を狙ってのことだからでしょう。

大阪にも大阪市人権協会という胡散臭い協会があって、
ここに委託事業として何億もの予算をあてても、
その大半の7割もが協会の人件費にあてられるだけだったりするんですよね。
要するにピンハネ。
どうせこれと同じような構図な気がします。
ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。