test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆見栄っ張り韓国人の呆れた捏造!?「アリラン3号」は韓国が打ち上げた!?「日の丸」「NIPPON」を消し捏造報道

36d2dd59.jpg


日本の国産ロケット「H2A」



「三菱重工のロゴマーク」
「国旗」
「NIPPON」


と並んでいますね。



その21号機が、2012年5月18日、
種子島宇宙センターから無事発射されました。


2005年2月の7号機以降、15回連続で打ち上げに成功したことになります。
日本の打ち上げ成功率は実は世界一だったりします。



今回打ち上げられた「H2A 21号機」には、


日本の地球観測衛星「しずく」


だけでなく、


韓国の観測衛星「アリラン3号」
(ただし機体はフランス製、心臓部のセンサー部分はドイツ製)


も搭載していたそうです。




日本の地球観測衛星「しずく」と、
韓国の多目的観測衛星「アリラン3号」は、無事、軌道に投入されました。




この情報だけで韓国をよく知るであろうこのブログの読者は、

「いやーな予感」

がすると思います。




そしてそれは現実のものとなりました。






■H2Aと宇宙ビジネス
2e459d54.jpg


日本の衛星「しずく」の打ち上げに、
なぜ韓国の観測衛星がくっついているのか。


ロシアよりも100億ウォン以上も安い193億ウォン(約13億円)という、
格安の打ち上げ費用を日本が韓国に提示したからといわれています。


しずくだけでは余裕があった
     &
三菱重工の世界キャンペーン価格



だったからだそうです。




他国や民間から衛星の打ち上げ業務を受注し、
収益を得る商業打ち上げは、

欧州の大型機「アリアン5」
ロシアの同「プロトン」

が世界市場の大半を占めています。


H2Aは2001年には実用化されていましたが、
ロケットとしての実績が乏しく、
コストも円高で割高なため、
市場参入できない状態が続いていたそうです。


ロケットを開発した三菱重工業が、
その中で初めて受注した海外の人工衛星で、
日本の宇宙ビジネスを拡大するきっかけとして期待されています。




H2Aの需要は、

「年間2、3機の政府衛星」

に依存してきましたが、
商業衛星の受注が拡大すれば、
打ち上げ回数の増加につながり、
機体の大量生産によるコスト削減などのメリットが生まれます。


また顧客はロケットの信頼性を重視するため、
初回の打ち上げに成功すれば、
今後の事業展開にも弾みがつきます。


そんな中での打ち上げ成功でした。






■「H2A」打ち上げ成功の韓国の反応と捏造


「H2A」の打ち上げ成功は韓国でも大々的に報道されました。


英語放送の海外向けテレビで、
世界180カ国以上で視聴可能な韓国国際放送交流財団、


「アリランTV」


の「KOREA TODAY」で特集を組まれました。


Launch of Korea's Arirang-3 [Korea Today]



「アリランTV」では、
観測衛星「アリラン3号」がいかに優れているかという説明と、
開発までの道のりや今後の展望などを紹介していたそうです。


しかし、その番組がユーチューブにアップされると、


ネットが騒然となりました。


1bcb2d78-s.jpg
(オープニング部分)

「H2A」21号機のボディから


「日の丸」「NIPPON」の文字が消され、


その後「H2A」とよく似たCGのロケットを映し、そのボディに、


h2a1.jpg
(4分40秒過ぎ)

大きく「KOREA」の文字が描いていた


からです。また、


「純粋な国内技術で開発されたアリラン3号」
「韓国の衛星技術は宇宙先進国」



と自画自賛しました。




ドイツ製の部品を搭載した、
フランスの衛星を、
日本製のロケットで、
日本の種子島から打ち上げただけなのに、
動画に細工し、事実を捻じ曲げ、
自分たち韓国が開発し打ち上げに成功したとウソをついているのですね。







■韓国の捏造に批判が殺到


当然、「ユーチューブ」にアップされた韓国国際放送、
「アリランTV」の捏造動画に批判が殺到することになります。



「なんだあの捏造CG?何でNIPPONの文字と、日本国旗が消されてるんだ?」

「ロケットも衛星も『外国製なのに』さも自前の様に、しかも国旗まで」

「このロケットは日本の技術で作られた国産ロケットで韓国製ではありません
日本のこれからの宇宙ビジネスに期待してください」



とこのようなコメントが日本語でも英語でもつくことになります。






■韓国が日本に打ち上げを頼んだわけ


ロケットというと、アメリカのNASAのイメージですよね。
それに韓国は以前はロシアに打ち上げてもらってました。
(二回とも失敗しましたが)


そもそも、なぜ反日の韓国が日本に打ち上げを依頼したのでしょうか。
それには三菱重工のキャンペーン価格以外に理由があります。




実は以前、韓国は、
NASAやロシアでマニュアルや機密文書を盗もうとして、
バレたことがあって、強制送還になったりしてるんですね。


その結果、ロシアに頼んだときも、
韓国人スタッフはロケット周辺には立ち入り禁止になったりしているのです。



ロシアに打ち上げを頼んで失敗したときも、
発射前は「韓国製のロケット」と自慢していたにも関わらず、
打ち上げ失敗したとたんに「爆発したロケットはロシア製」と言い出したりしています。


こういうニュースを知らないはずはないのに、
三菱重工もJAXAも、
よく韓国なんかと関わる気になれるよなぁ・・・と正直思ってしまいます。






■韓国の狙いは


「KOREAの文字が描かれているロケットはH2Aではなく、
おそらく韓国が開発中のロケットで、
自力で人工衛星を宇宙に運びたいというアピールなのではないか」


と今回の件についてJAXA声明を発表しています。




韓国は技術がないにも関わらず、


「衛星打ち上げ国」


の称号を喉から手が出るほど欲しがっているようです。
自国の人工衛星を自国から打ち上げた国になりたいわけですね。




実は今回の捏造以前の製造段階から、
韓国は日本に迷惑をかけまくっていました。


素直に完成品の衛星をフランスから買えばいいのに、
それでは「韓国製にならない」ということで、
最終組み立てを韓国で行って問題が発生し、
日本のスケジュールにまで障害がでたり。



いくら客であっても、こういう国とは関わるべきではないと強く思います。
スポンサーサイト

☆ドコモと富士通がサムスンと提携!?ドコモの技術使ったスマホで世界を狙う!?

NTTドコモと富士通などが、

韓国企業サムスン


とスマートフォン向けの中核半導体
(携帯電話の頭脳となる部品)
を共同開発するそうです。

・次世代技術の開発を通じて蓄積したドコモの技術と通信ノウハウ
・富士通の設計技術
・サムスンの量産化技術

などを組み合わせ開発費を分担(と言ってもドコモが半分以上負担)するそうです。

そしてサムスンはスマホの主力機種

「ギャラクシー」

シリーズの次期モデルに搭載することも検討しているそうです。


ドコモはスマートフォンは日本では流行らないと確信していたし、
流行って欲しくなかったようです。

ケータイでネットのできるドコモの技術「iモード」の利権を失うことになるし。


ところがiPhoneはバカ売れしてしまいました。

ドコモはあわててスマートフォンを作らせてみたものの、↓
ノウハウがない日本メーカーはろくなものが作れなかった。

それでサムスンに飛びついたのでしょうか。



日本と韓国企業の連合というと、
ソニーの出井伸之が、テレビ向けの液晶パネルの生産で、
韓国のサムスンと提携したのと思い出します。


テレビ部門が不振で、巻き返しを図ったソニーが韓国のサムスン電子と提携。

経済産業省や国内メーカーから、

「ソニーだけの問題じゃなく日本の家電産業全体が取り返しのつかないことになる」

と技術の流出を危惧する声が上がり、
「国賊」とまで非難されたにも関わらず、提携を強行。

しかし案の定、ソニーとサムスンの合弁会社S-LCD社で、
ソニーの得意としていた画像処理技術が次々と流出。

おまけにソニーのエンジニアが50人以上サムスン側にヘッドハンティング。
韓国からは

「技術を教えてもらい感謝はしてるが、もう我々は教えを請う必要ない」

とまで言われ、経産省や国内メーカーが危惧した通りの結果になってしまいました。


このとき流出した日本の技術を使い、
韓国企業のサムスンやLGは液晶テレビ市場を席巻してしまいました。


日本が技術を奪われてしまえば、
日本の技術を使って安い値段で売りまくられて、
日本が競争で勝てなくなるんですよね。

しかも韓国は著作権や知的財産の意識が異常に低い。

韓国企業のサムスンは
各国で訴訟が行われ、その件数は

3800件

と膨大で、サムスンは損害賠償金を請求されたり、
あちこちで販売停止に追い込まれています。


こんな企業と提携しても、技術だけ盗まれておしまいだと思います。
私はこの提携は日本にいい影響をもたらさないと思います。




※合弁会社とは

複数の企業の共同出資により設立された会社のこと。
企業が海外で事業展開する場合に株式の100%所有によって経営の完全支配の形態をとらないのは、

・当該国の法律的強制
・資本進出先の住民感情への配慮
・優遇税制による節税

等の理由から。
3社以上の出資で作られた合弁会社はコンソーシアムと呼ばれている。

☆サムスン、ついに日本でもパクリでアップルに提訴される!どうなるギャラクシー(笑)

パクリを繰り返し世界各地で訴えられている

韓国企業サムスン
200px-Samsung_Logo_svg.png

裁判に負け、いろんなところで販売停止になったりしています。

1e49a666.jpg


日本企業のシャープ、日本コダック、松下電器、パイオニア、村田製作所、日本電産、富士通
なんかにも訴えられて、サムスンはかなり負けています。

そのサムスンを、アップルはiPhoneやiPadをパクったとして訴えていました。

詳しくはこちら
☆パクリ企業サムスンの崩壊の前の醜態
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-480.html



そしてついに、日本でもアップルから1億円の損害賠償を求めて提訴されました。

サムスン側は

「請求の棄却を求める」

と全面的に争う姿勢を示したそうです。

こんなにソックリにパクっておいて、それはないと思いますが・・・
338b03c8.jpg


ついに日本でもって感じですね。

サムスンって世界一特許訴訟を抱えているらしく、
その数はなんと

3800件

だそうです。

膨大な数ですよね。

そんなんでやっていけるのかと思いますが、
当然やっていけていないらしく、
損害賠償金が2011年には利益を超えるそうです。

その額はなんと、

「韓国の国家予算数年分」


の損害賠償なのだとか・・・。

サムスンは、

・パクリ
・安い法人税(ちなみに2008年でサムスンは10.5%、シャープは36.4%)
・日本技術者の引き抜き

で成長してきた企業ですが、
技術者を引き抜いてもその技術はすでに特許取得済み。

サムスンの利益の影には、常に、

「特許使用権料の支払い」

「特許侵害による損害賠償」


が付きまとっているんですね。


で、ギャラクシーと言えばドコモですが、
普通ならサムスンから手を引きそうなものですが、
これだけ各国でパクリで訴えられたり販売差し止めになっている、
ギャラクシータブの販売を強行するそうです。

「特許の訴訟だが、欧州と日本では状況が違う」

「欧州の訴訟の内容が日本に持ち込まれるということではないと聞いている」

「日本での販売に支障はないとサムスンから聞いている」と述べた。 

とのことです。


私としては手を切るべきだと思うのですが、
ドコモにもいろいろと思惑があるのかな。

☆打倒iPad!? プレステのゲームもできるソニーのタブレット発売!

ソニーから初のタブレット型多機能端末

「ソニータブレット」

を日本で17日から発売すると発表しました!

20110901mog00m020005000p_size5.jpg



第1弾として9・4型の液晶画面の機種「S」を売り出すそうです。

価格は

・16ギガバイトモデル:4万5千円
・32ギガバイトモデル:5万3千円

だそうです。

ソニーが配信する映画や音楽、ゲーム、電子書籍などの豊富なコンテンツを楽しめるのが特徴で、
また、タブレット型端末としては初めて、
初代プレイステーションのゲームができるそうです。

欧米でも今月から販売し、アップルの

「iPad(アイパッド)」
20100128_ipad_1.jpg


を追撃するそうです。

折りたたみ式で5・5型画面を二つ備えた機種で、
一つの画面を表示用としてもう一つをキーボードとして使うほか、
二つ合わせて大画面にすることも可能な、

「P」

は10~11月に売り出すそうです。

左右に開いて文庫本を読むように電子書籍を読むことができるそうですよ。



どちらもソニーの映像配信サービス

「ビデオ・アンリミテッド」

を通じて映画やテレビ番組を視聴できるほか、
ゲーム関連のオンラインサービスを利用できるようになっているそうです。



ソニーは、日本のタブレット型端末市場が

2011年度:200万台
2012年度:320万台

まで急成長すると予想しているそうです。

「アンドロイド」採用端末の中では12年に日本でトップのシェアを目指すそうです。



タブレットの市場をみていて思うのは、
みんな「タブレットがほしい!」と言うよりは、

「iPadが欲しい!」

と思っている気がすることなんですよね。


事実、タブレット市場では、
多くの企業がiPadのAppleに戦いを挑んでは破れています。


ヒューレットパッカード(HP)が自社のタブレット端末の

「Touch Pad」

を発売から数週間で打ち切ることを決めたのがその好例だと思います。

しかし、

399ドル→99ドル
499ドル→149ドル

に大幅値下げしたところすぐに売り切れたそうですから、
タブレット自体の需要は高いのは間違いないんですよね。

ただみんな、iPadよりかなり安くなければiPadを買うんだと思います。

それにPSP(モンスターハンターとか!)や、
せめてPS2のゲームができるなら飛びつく人も増えると思うんですが、
いまさら初代のPSのゲームに需要があるんでしょうか。

ソニーにはがんばってほしいので応援していますが、
欧米でも辛口な評価らしいので、どうなんだろうな、という思いです。

☆ダッチワイフ×実習用患者ロボ!?舌が動き痛がったりむせたりするロボ

『オリエント工業』

というダッチワイフ会社をご存知でしょうか。

ダッチワイフというと空気で膨らませるような、
お粗末でブサイクな人形を思い浮かべる人も多いかと思います。
kuuki2.jpg
しかし!
この会社のシリコンで作られたダッチワイフは、
非常に美しくかわいらしく、その造形技術の高さで有名なのです。

pi-su.jpg
yukata.jpg
hadaka.jpg

大変リアルで美しいですよね。
そのオリエント工業の技術が、

歯科実習用患者ロボ「昭和花子2」

に使われることになったそうです。
hanako.jpg

歯学生の実習のため昭和大学歯学部と、
日本のロボットメーカー「テムザック(Tmsuk)」
が開発した身長157センチ、体重42キロの女性患者ロボで、
本物の患者と同じように、

舌が動き、痛みに反応したり、むせたりするそうです。

初期の花子さんがあまりに不気味だったために、
花子2では顔の造形にオリエント工業の技術を使ったみたい。


「昭和花子2」の動画もあるので見てください。



消耗品の交換も可能になり、
保守性、耐久性も向上しているというから格段のバージョンアップですね。


ダッチワイフ製造なんていう日陰でアングラな産業でも、
職人はもっといいものを作りたいと日々研鑽し、
道を究めるうちに他の国では真似できないような技術が生まれ、
他の分野にまで利用されるようになる・・・

日本人のものづくりってものすごいと思います。


下品な話ですけど、そう遠くない未来、
動くロボットのダッチワイフとか絶対でるでしょうね。

☆いたれりつくせり、タクシーのスマートフォンアプリ!

iPhoneやAndroidでタクシーを呼べるアプリ

「日本交通タクシー配車」

に新バージョンが出たそうです。

「お送り先指定」

という機能を新しく備えているそうです。

タクシーを呼ぶときに、
アプリ上で送り先も指定できるようになったそうです。

タクシーのナビに目的地を自動登録するので、
社内で眠ってしまってもスムーズに目的地まで送り届けてくれるそうです。


他にもこのアプリは、


・「料金検索」でだいたいの料金を調べられる。

・GPS機能で近くの空車のタクシーを呼ぶことができる。

・よく乗り降りする場所を登録する「お気に入り」機能。


があるそうです。
これだけそろって無料なんですって。

☆アップル、サムスンをパクリで提訴!

スマートフォンのiPhone4やiPadを販売しているアップル。
s-4.jpg

そのアップルが、特許権を侵害しているとして、
韓国のサムスン電子を提訴しました。

サムスンの「ギャラクシーS4G」「ギャラクシータブ」
s-s

が、画面のスクロールの仕方などが酷似しているとして、
関連技術の利用差し止めや賠償金の支払いなどを求めたそうです。


まぁ…これはちょっと訴えられても仕方がないかなと言う気がします。
どっちも使ったことがありますが、
デザインも中身も完全パクリだし。



ちなみに、スマートフォンのOSには二種類あって、

・iOS (アップルのiPhoneなどに使われている)
・Android (Google主導のOS)


アップルはiPhoneなどで人気がありますが、
現在、アンドロイド搭載のスマートフォンがどんどんシェアを伸ばしています。
サムスンと昨年同じように訴えられた台湾のHTCは、
ともにアンドロイドを採用しており、
牽制の意味もあるようです。

☆ぬくもり?感じる?「ヒト」型携帯電話

大阪大学の教授らが、
ヒト型携帯電話をつくったそうです。

「携帯電話そのものを、
対話している相手本人のように感じ、
あたかも相手が目の前にいるか
のように自然に対話することができます」

だそうです。

それがこれ!

2011030716-1.jpg


キモ…。

これちょっと耳に近づけたくないですよね。


パン生地のように柔らかいウレタン製カバーは、
人間の皮膚の触感にちかいそうです。

研究者たちの期待するところによると、
このことで人々は、互いに親しみやすく感じるはず…だという。


教授ってなんかちょっとズレてんのかな?

普通に気持ち悪いわ。

☆プリクラに続きカメラまで!?美顔機能つきカメラ!

あなたは見たことがありますか?
最近のプリクラ。

目が勝手に大きくなったりして、
ちょっと驚かされますよね。

というか、はっきり言って、

気持ち悪い(笑)

ですよね。

こういう風潮はプリクラだけでなく、
デジカメにも美顔機能が搭載
されるそうです。


■パナソニックの「LUMIX FX77」

エステ機能
・顔のてかりを抑える
・輪郭を補正して小顔に
・歯を白く表示

メイク機能
・素顔に化粧や口紅、アイシャドーを入れられる


■カシオの「EXILIM Z800」

・肌の滑らかさを12段階で調節
・シミやくすみを目立たなくする


■富士フイルムの「FinePix」

「顔キレイナビ」
・人物の顔を自動検知して発光量やピントを最適化



女性ユーザーをいかに取り込むかをいろいろ考えてるんですね~。

カシオは企業戦略で、

高解像度で鮮明な写真より
『自分が好きな自分像』
を撮影できることが、
女性ユーザーの取り込みにつながる


としているそうですが、
これは本当にあたってるな~と思いました。


そのうち「目の大きさを三段階で変えられる機能」とかできたりして。

☆透明カエル「スケルピョン」

皮膚が半透明で、
内臓や血管が透けて見えるカエル…名付けて、

OSK201102210060.jpg

「スケルピョン」


の量産に広島大大学院理学研究科の教授が成功したそうです!

解剖が必要ないため、
内部をオタマジャクシ(スケルジャクシと言うそうです)のころから、
生涯にわたり観察できるそうです。
OSK201102210066.jpg



医学界でも注目されていて、
病気の進行や薬の効き具合を調べることなどが考えられているそうです。



「殺さずに済むような実験動物を誕生させられないか」

との思いから、
黒色の色素細胞がない突然変異体(グレーアイ)と、
光を反射する色素細胞がない突然変異体(ブラックアイ)とを、
数世代にわたって交配し生み出したのだとか。


動物愛護の伝統がある欧州でも関心が高いそうです。


こういうので、スケルねずみやスケル猫はできないのかな?
と思いますよね。

でも哺乳類は皮膚の構造が両生類や魚類とは基本的に違うため、
無理だそうです。


ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。