test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆母子を殺し死刑になった福田孝行(大月孝行)くん実名本の販売中止を訴えるも「もうあなたが損失受ける恐れないから」 光市母子殺害事件その②犯人の周囲の人間たち

hikarisibosi.jpg

以前から目をつけていた主婦の家に強姦する目的で侵入し、
抵抗されたため両手で首を絞めて殺し、死姦し、
泣きやまなかった11ヶ月の赤ちゃんを床に叩きつけひもで首を絞め殺し、
財布を盗んで逃走した、
光市母子殺害事件の犯人で当時18歳の少年で無職の、

13297197410001.jpg

福田孝行(大月孝行)死刑囚(31)
(※支援者と養子縁組し大月姓になった)






「作業員を装ったんじゃなく水道屋のコスプレをしてピンポンダッシュで遊んでいただけ」
「強姦目的ではなく優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついただけ」
「赤ちゃんを床に叩きつけたのはママゴトのつもりで遊んでいただけ」
「女性に抵抗されたから首を押さえたら死んだだけ」
「乳児を押し入れに入れたのはドラえもんに助けてもらおうと思ったから」
「赤ちゃんを泣き止ませようと思って首にリボンをちょうちょ結びにした」
「死姦したのは『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから」



と弁護士に吹き込まれ妙な言い訳を繰り返し大衆を呆れさせ、また、


「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」
「もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」
「オレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい」
「じゃないと二度目のぎせい者が出るかも」
「(死刑求める夫に対し)ま、しゃーないですね今更。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました」


と書いてあった友人宛の手紙を暴露され大衆は激怒。




おとなしく反省したフリでもしていれば、
おそらく無期懲役コースだったにもかかわらず、

k2000156995.jpg

死刑反対派の頭のおかしな弁護団に妙なことを吹き込まれ、
そいつらと一緒に妙なことばかり口走ったおかげで、
めでたく死刑が確定した死刑囚です。


詳しくはこちら
☆死刑確定!『福田孝行・大月孝行』光市母子殺害事件 その①裁判と世論の流れ






その彼と弁護人である安田好弘弁護士らが、
平成21年10月に出版され約2万5千部が販売された、
彼のことを実名で表記したルポ、

51SXz46YjDL__SL500_AA300_.jpg

「福田君を殺して何になる」
(増田美智子著 インシデンツ刊)



の著者や出版社に対し、


「死刑が確定しないよう努力する約束があったので取材に応じたのに本の内容は死刑確定を前提としたもので期待と信頼を裏切られた」

「中学時代の顔写真や著者に宛てた手紙の写真と内容まで公表されプライバシー権、肖像権を侵害された」


と主張し、

出版差し止め
損害賠償1300万円


を求めていた訴訟の判決が広島地裁でありました。






「匿名では人格を表現することはできない」
「実名であって始めて彼を表現できる」
「彼を死刑にしていいのかということを問いたい」



と言う建前で発売された本ですね。


原稿を事前に確認させてもらえなかったとか、
承諾をとったとらないでもめていたそうです。  



bengodan.jpg

弁護団長の本田兆司にいたっては、

「元少年の人格が侵害され、虚像が植え付けられていく。生死にかかわるような苦痛だ」

と大げさなことを言っていました。




また、実名報道の是非をめぐって賛否両論がわかれ、
書店によっては仕入れを自主規制したところもあったちょっと話題になった本です。




タイトルに実名をいれたことで、

images.jpg

増田美智子が売名や売り上げが目当てだとも叩かれていましたね。






判決はどうだったかというと、


「死刑が確定しており、原告が重大な損失を受ける恐れはない」


と常識的な判断を下し、販売差し止め請求は却下。


しかしプライバシー権の侵害は認め、
損害賠償は著者らに計66万円の支払い命令だったそうです。




プライバシーっていうのは、
福田孝行(大月孝行)死刑囚の中学時代の顔写真や、
著者の増田美智子宛ての直筆の手紙の写真と内容を公表した点ですね。




その手紙っていうのが気持ち悪くて、

-----------------------------------
心配してくれてありがとう。外でデートとかしたかったね♡
なんて言ってみてもいい?けっこうこわいです。くじけそう。
ふるえる日もあるよ。
抱かれてねむりたいもん。

それはそーと、面会楽しみにしてるよ。
あけとくから。でもお金かかるじゃん。どうしようか

今は事件のことはふれることはできないけど(ごめんね)。
これ以上他の人の心をキズつけたくないもの。
でも、ぼくのこれまでの歩み、個人的なことならはなせるかもです。
それでもいいかな?(いっぱいエピソードあるんだよ☆☆
-----------------------------------

(こんなキモい手紙晒されたら確かに訴えたくなるかも)



この浮かれた手紙が

死刑判決が下った直後

に書かれた内容であることが余計に気味悪いですね。また、


「ぼくも美智子さんのこと知りたいなー」
「今日はお手紙のお礼までに。ありがとね 美智子さん。」
「今日はゆっくり眠れそうです。次も書くね?」


という文章などには、

「みっちゃん」

と「美智子さん」の上にルビが振ってあったそうです。




福田孝行(大月孝行)と著者の増田美智子は直に会ったことすらないにも関わらず、
いきなりこんな手紙を書くあたり、
福田孝行(大月孝行)の幼稚さや、
馴れ馴れしい気持ち悪さが伝わってきて、
彼の発達障害かなにかを思わせるパーソナリティをうかがい知ることが出来るので、
手紙を公表したことにある程度の意味はあったかもしれません。


しかしその反面、

「この著者、色仕掛けでも使っているのか?」

と勘ぐることもしてしまいます。


この福田孝行(大月孝行)はすぐに女性に甘えようとするらしく、
弁護団では「抱きつき行為」と呼んで警戒していたそうです。


マスコミ関係者の間でもこのことは有名だったため、
あえて女性記者を接触させたりしていたようですから、
あながちありえないとは言えなさそう。




死刑囚が本名やプライバシーをどれだけ晒されようが自業自得なので、
販売差し止めも損害賠償も一切する必要ないと思いますが、
この本もあまり評価はできない気がします。






しかし、母や赤ちゃんを殺しておいて、
手紙や写真や実名を晒されたくらいで、
人格侵害だの生死にかかわるような苦痛だの、
偉そうに大げさなこと言って被害者面して1300万円要求できる、
福田孝行(大月孝行)や弁護団の神経が本当に理解できません。


ならば自分たちはいくら払わなければいけないのかとか考えないのかな。

販売差し止めを却下したこの判決に対し控訴するといっているあたり、
一生考えることはないんだろうけど。




もし彼らに会えることがあれば、
母親と赤ちゃんを殺した福田孝行(大月孝行)や、

13296905060001.jpg

胸糞の悪い屁理屈で遺族の神経を逆撫でした自分たち弁護団は、
遺族に一体いくら支払うべきだと考えるか聞いてみたいものです。




==関連記事==
☆死刑確定!『福田孝行・大月孝行』光市母子殺害事件 その①裁判と世論の流れ
スポンサーサイト

☆小川敏夫法相の失言!「再審請求中は死刑執行しない」

s-ogawa.jpg

小川敏夫法相


の失言が今日のブログのテーマです。



その前に死刑についておさらいします。



「無罪となる明らかな証拠」

を新たに見つけた場合、
死刑が確定したあとでも改めて裁判を受けることが、
刑事訴訟法で認められています。



死刑囚の再審請求

っていうのはこれですね。


半数以上の死刑囚は再審請求をするそうです。






そんなにポンポン無罪の証拠が出てくるのかと思いますが、実は、

「再審請求中は死刑が執行されない」

と言う「慣例」があるからだそうです。


法律で定まっているわけではないが、
そういう習慣みたいなものがあるようです。





また、死刑の執行は、死刑判決が確定してから

「6ヶ月以内」

と刑事訴訟法で定められていますが、
再審請求されている間はカウントされないそうです。





死刑囚にしてみれば、再審請求さえしておけば、

「一発逆転で死刑を覆せるかもしれない」
「少なくとも死刑執行を遅らせることができる」


わけですから、再審請求しなければ損!って気持ちになるのかもね。





また、先ほど言ったように、刑事訴訟法では

「死刑の執行は6ヶ月以内」


に行われなければならないのですが、
死刑の執行には法相(法務省の長である法務大臣)の署名が必要です。


しかし、死刑に反対という理由などで署名しない法相が多いため、
いつまでも死刑にされない死刑囚が今も

132名

もいるそうです。





鳩山邦夫のように、13人の死刑執行を命令し、朝日新聞から

「永世死刑執行人」「死に神」

などと書き立てられたケースもあるので、
署名を躊躇う気持ちは分からなくもありません。




しかし法律を守る気がないなら法相をやめろと思いますし、
死刑反対だからと署名しないのは公私混同でしかありません。





民主党政権になってから、
千葉景子が圧力に負けてしぶしぶ死刑執行を2件指示する以外は、
柳田稔、仙谷由人、江田五月、平岡秀夫といった歴代の法相が1件も死刑を執行せず、
死刑囚を死刑にしようとしない傾向が案の定より顕著になっていたため、
死刑制度廃止論者で外国人参政権に賛成している反日傾向の強い、

s-ogawa.jpg

小川敏夫


が法相に就任したときも、

「また死刑囚の死刑が行われなくなるんじゃないか」


と、話題になっていました。





しかし、3月29日、

1年8カ月ぶり
死刑囚3人の刑が執行されました。



小川敏夫法相は就任3カ月足らずできちんと自分の職務を果たしたわけです。





鳩山邦夫のときの朝日新聞のように露骨な悪口はありませんでしたが、
就任3カ月足らずで死刑執行を命じた「早い決断」が気になる
なんてイヤミな書き方をしている新聞もありました。





ここまでなら、問題はなかったのですが・・・。





4月6日の閣議後会見で、
小川敏夫法相が気になる発言をしてしまいます。





多くの死刑確定囚の中から、
どうやって3人を選び死刑執行したかについて、

「死刑執行できないという客観的な状況がある人は除いた」
「具体的になぜこの3人になったかの説明は控えたい」



そして重要なのが次の発言。


「再審(請求中)などは執行できないと決まっているわけではないけれど、
やはり見合わせたほうがいいというこれまでの運用があり、
そういった広い意味の話をした」






死刑対象者の選定について法相が言及するのは異例で、

「再審請求中は死刑執行しませんよ」

と、法相自ら認めてしまったわけです。





いくらそういう慣例があったとしても、
法相自らそのことに言及してしまっては、
本人にはその気がなくても

「ずっと再審請求しておけば事実上は終身刑になりますよ」


と死刑反対派に言質を与えたようなもので、
この発言のせいで今でさえ多い死刑囚の無駄な悪あがきのための再審請求が、
ますます増えそうです。


死刑反対派は死刑判決の回避や、
死刑の執行を遅らせるためには、
どんな手段でも使ってきますからね。




本人にそんな気はなかったんでしょうが、あまりにも軽率な発言でした。






==関連記事==

☆「死刑場の写真を見たがる死刑囚」の動機は!?
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-626.html


☆死刑確定!『福田孝行・大月孝行』光母子殺害事件その①裁判と世論の流れ
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-595.html


☆新しい法務大臣の平岡秀夫ってどんな人!?
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-486.html

☆「死刑場の写真を見たがる死刑囚」の動機は!?

ある死刑囚が、

28415b27-s.jpg

「刑場の写真がみたい」

と不思議な訴えをしているそうです。


刑場といえば、死刑が執行される場所のことですよね。


死刑囚だったら普通、
刑場の写真なんか見たくもないはずですよね。


何故なんでしょうか。
ちょっと興味深かったので取り上げてみます。





かつて店員として勤めた電器店に押し入り、
店員2人をハンマーで殴って重傷を負わせ約22万円を強盗。
その際、石油ストーブを蹴り倒して放火し店は全焼、店員1人を焼死させた、


尾田信夫(65)


という死刑囚がいます。





彼は強盗殺人などの罪で死刑が確定しましたが、
放火罪の無罪を主張し、
何度も再審請求しましたが6回目も棄却されました。


再審請求中の死刑囚に対する死刑執行は、
刑事訴訟法上おおむね見送られる傾向があるそうですので、
それを狙っているのでしょうね。





上田弁護士は再審請求の資料として、


「東京拘置所の刑場の写真1枚」



が掲載された冊子をこの死刑囚に郵送したところ、拘置所側が、


「写真を削除しないと閲覧を認めない」



と説明。


これを死刑囚が拒否し、閲覧できなくなったそうです。





このことに対し、


「再審請求人と弁護人の接見や書籍のやりとりに関する権利」


「図書閲読の自由の侵害」



とし違法だとして、
この死刑囚と再審請求をしている上田国広弁護士が、


「国を相手に660万円の損害賠償」



を求め福岡地裁に提訴したそうです。





ついこの間、3人の死刑が執行されましたね。


それであわてて裁判を起こして、
その間は執行されないようにする作戦なのでしょうか。





しかし


「東京拘置所の刑場の写真1枚」


なんてなんで思いついたんだろう?と疑問でしたが、
ネットでおもしろい意見が載っていました。


それによると、元刑務官のかいた本の中に、
似たような手口の死刑囚がいたそうです。



・死刑に関する資料を収集している死刑囚がいる

・死刑囚に刑場の資料を見せると動揺する等の理由で検閲される

・そのためその部分は死刑囚に渡されることはない

・しかし膨大な資料を要求してくるのでチェックがおろそかになる

・その上でわざと1ページだけ刑場に関する資料を紛れ込ませチェック漏れを誘発させる

・「刑場に関する資料を見せられて精神的苦痛を被った」と刑務官相手に民事訴訟



こうやって死刑執行の停止や延期を狙うそうです。





今回の場合は、刑場の写真を見せれば見せたで、


「精神的苦痛を被った」


見せなければ、


「人権侵害だ」


とする作戦なのかもしれませんね。





人権派弁護士や死刑囚はあの手この手で死刑を執行させまいとしますが、
しかしこんな茶番で司法の仕事が増えたり、
税金が使われるのはもったいないですね。


死刑囚の心境や死刑制度に興味がわいたので、
時間のあるときに調べてみたいかも。





==参考記事==
☆死刑確定!『福田孝行・大月孝行』光母子殺害事件 その①裁判と世論の流れ
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-595.html


☆新しい法務大臣の平岡秀夫ってどんな人!?
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-486.html

☆死刑確定!『福田孝行・大月孝行』光市母子殺害事件 その①裁判と世論の流れ

1999年4月、山口県光市

hikarisibosi.jpg

以前から目をつけていた、
(あの女はいい女だからヤリたいと父親と話していた)
会社員本村洋さんの妻の弥生さん(23)を、
強姦する目的で排水検査の作業員を装って家に侵入し、
弥生さんに抵抗されたことから両手で首を絞めて殺し、そのあとに死姦。

それどころか、泣きやまなかった11ヶ月の赤ちゃんの夕夏ちゃんを、
床に叩きつけた後にひもで首を絞めて絞殺。

そして財布を盗んで逃走した当時18歳の無職、

13297197410001.jpg

福田孝行(現在は30歳)

※現在は支援者と養子縁組して大月孝行となっている


13296456050016.jpg



の裁判で、

「刑事責任はあまりにも重大で、死刑を是認せざるを得ない」

死刑が確定しました。



無期懲役は軽すぎるとして差し戻されていた裁判ですね。
軽すぎるという理由で差し戻されることは異例だそうです。



hikarisibosiikka.jpg

遺族の旦那さん、本村洋さんの

motomura.jpg


「少年Aが犯した罪は万死に値します」

「いかなる裁判が下されようとも、このことはだけは忘れないで欲しい」



と言った怒りと涙の訴えと、事件の凄惨さが知れ渡るにつれ、
無期懲役から死刑へと風向きが変わっていった事件でした。


「あそこまで言わなくても」

という論調が本村さんに対して当初はありましたが、
それもなくなっていきます。





裁判では、


「かわいそうで未熟な少年」
「今は反省している、更正の余地あり」



と弁護団は主張し、無期懲役の判決が下りました。


・犯行時少年が18歳と1ヶ月で発育途上にあった
・殺害については計画性がない
・不十分ながらも反省の情が芽生えている

という理由からでした。




しかしこの犯人、死刑を免れ無期懲役判決が出たとき、
ドストエフスキー『罪と罰』を引用し、

『選ばれし人間は人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある』


などと言っています。




しかし検察が上告し、無期懲役の判決は破棄され、審理は差し戻しに。
検察は、

「殺害の計画性が認め難い」と無期懲役になったのは著しく不当

と事件の悪質さなどから死刑を主張しました。




犯人は排水検査の作業員を装い粘着テープとカッターまで準備していたのに、
計画性が認められないなんて、
判決をだした広島高等裁判所はちょっとおかしいと私も思っています。


ちなみに、弁護士は後になって、犯人が作業員を装って部屋を訪れたこの行為を、

水道屋のコスプレをしてピンポンダッシュで遊んでいた

と主張するようになります。




そして検察が、

『犯人が反省していない証拠』

として、犯人が友人に宛てた手紙を裁判所に提出します。



「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」

「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」

「もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」

「オレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい」
「じゃないと二度目のぎせい者が出るかも」

(死刑求める夫に対し)
「ま、しゃーないですね今更。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました」


これには大衆は激怒し、犯人死刑に傾いていきます。


ちなみにこの手紙を受け取った犯人の友人は、
被害者の夫である本村さんの手記を読み、
事の重大さを認識して手紙を公開したそうですから、
本村さんの行動が実を結んだといえるでしょう。




「かわいそうで未熟な少年」
「今は反省している、更正の余地あり」
作戦が通用しなくなった弁護団が取った戦法は、

「母恋しさ、寂しさからくる抱き付き行為が発展した傷害致死事件」

「凶悪性は強くない」

でした。


夫が家に帰ってきたとき妻の変わり果てた姿を見て、
一瞬で何をされたか分かったそうですから、
母恋しさなど微塵もなく凶悪のカタマリなのは明らかだと思うのですが・・・


弁護団と弁護士に吹き込まれた犯人は、
死刑回避しようと支離滅裂な言い訳を始めました。



「強姦目的ではなく優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」

「赤ちゃんを床に叩きつけたのはママゴトのつもりで遊んでいただけ」

「女性に抵抗されたから首を押さえたら死んだだけ」

「乳児を押し入れに入れたのはドラえもんに助けてもらおうと思ったから」

「赤ちゃんを泣き止ませようと思って首にリボンをちょうちょ結びにした」

「死姦したのは『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから」



これらの言い訳に大衆は呆れました。
裁判官の心証も最悪だったのではと思います。


13296905060001.jpg

遺族で夫の本村洋さんにしてみれば、少年だけでなく、
こんなデタラメを並べる弁護士たちにも怒りがわきますよね。


しかし、ちょっと深く考えてみると、弁護団に対して、

「なぜこうまでしてこの犯人をかばうのだろうか?」

と職務ではないなにか別の思惑や使命感や暗く陰湿な情熱のようなものまで感じてきます。



・・・ともかく、こうして犯人を死刑に、という世論が巻き起こり、
犯人に死刑判決というが出ました。



どうしようもない凶悪犯を、
死刑にするというごく当たり前の判決を出すのに、
弁護団が21人もついて
ダラダラ言い訳して、
12年もかかったのです。    




弁護団に妙な入れ知恵をされずに、とにかく反省しているフリをしていれば、
もしかしたら死刑を回避していたのかもと思うと、

「F被告を絶対に守ってやる」

と妙な言い訳をベラベラしゃべっていた

k2000156995.jpg

安田好弘弁護士たちの墓穴だったのかもしれません。



まあ正攻法でいっても手紙を暴露された以上、
死刑判決が出そうだったから、
やぶれかぶれでドラえもんがどうこう言っていたのかもしれませんが・・・

どっちにしろ裁判官の心証を悪くしただけでしたね。




どうも弁護団は犯人を救うことより、
死刑廃止運動のプロパガンダを優先させているようなところがあり、

bengodan.jpg

そういうのも大衆の反感をかっていましたね。




犯人も後になって死刑が現実的になってくると、

13293740210062.jpg

「部分的に冤罪だ」
「傷害致死だから死刑を回避して欲しい。怖い」
「僕自身、殺意がなかった。強姦ではない」


なんて言っていましたが無駄な努力でしたね。






・・・死刑が確定したときのネット掲示板の書き込みに、

「ドラえもんが生き返らせてくれるからOK」

「死刑になっても安田好弘弁護士が死姦して生き返らせてくれるよ(笑)」


などという書き込みがあり、不謹慎ですが笑ってしまいました。



犯人・福田孝行(現在は大月孝行)や、
安田好弘をはじめとする弁護団がこれらの嘲笑を聴いたら、
どう思うのでしょうね。

犯人が反省もせず開き直る遺族のくやしさが、
彼らにもほんの少しでも理解できるといいのですが。





ちなみに犯人の父親もこれまたクズで、

「こっちもたまったモンじゃない」
「昔の粋がった手紙をだして、今も反省してないというのはおかしい」
「(検事、裁判官に)あとで後悔しなくてもいいような判決をだして欲しい」
「アンタも再婚して新しい家庭を持ちなさい」 (被害者の夫に)
「加害者の会を作ってやる」
「はっきりいってオレは関係ない」
「たまたま息子が犯罪を犯しただけ」
「責任、責任ってほなオレにどうせぇっちゅうんじゃ」
「少年法の精神は更正を目的にしている」
「罪を憎んで人を憎まず」
「(こいつが事件を起こしたのは)他の大人にも責任がある」



遺族に謝罪しない理由に、

「時間がなかった」
「正直、気まずいというか、被害者を下手に刺激しないほうがいいやろ」



また7年間面会に一度も行かず、
9年間一度も公判を傍聴に行かなかったそうです。


そして弥生さんを、いい女だからヤリたいと親子で話していたそうです。
そのため事件の晩に息子に

「おまえがやったんじゃないか?」

と聞いていたそうです。



犯人も、弁護士も、犯人の父親も、
クズばかりの裁判でした。





犯人の性が福田から大月になったことについて。


現在は支援者の大月純子と養子縁組して

大月孝行 

と名前が変わっています。


福田は有名になりすぎたから性を変えたのか。

獄中で筋トレまでしていたそうですから、
外に出てやり直せるとでも思っていたんでしょうか・・・。

調べてみると、死刑囚と面会できるのは親族のみだそうです。

そのため、死刑が確定した後も面会して支援できるよう、
死刑囚と養子縁組する支援者もいるそうで、
獄中結婚もそういう理由からだったりするそうです。

もしかしたらそういう理由もあったのかもしれません。




しかし、こうした弁護士たちや養子縁組した大月純子の周辺を、
調べれば調べるほど妙な事実が分かってきます。


この問題は長いのでまた次に続きます。



==関連記事==
☆光市母子殺害事件「母性に甘えた未熟な少年・更生可能」と死刑回避を訴える弁護団


このエントリーをはてなブックマークに追加

☆光市母子殺害事件「母性に甘えた未熟な少年・更生可能」と死刑回避を訴える弁護団

光市母子殺害事件。

あまりにも残虐な事件の内容と、
死刑廃止派の弁護団のあまりに異常な言い分が大きく取り上げられ、
日本国内で論議を呼びました。


この凶悪な事件の詳細を書いてみます。


犯行時、18歳と30日だった男が、
以前から強姦してやろうと目をつけていた、
山口県光市のアパートに住む主婦、本村弥生さん(当時23歳)

13273128860001.jpg

を襲ったものの、激しく抵抗され殺害。

遺体を強姦。

母の遺体に泣きながらはって寄ってくる赤ちゃんの夕夏ちゃん(生後11カ月)を、
床に叩きつけ、
それでもなお母の所へ来ようとするところを首をしめて殺害。

財布を盗み、ゲームセンターで遊んだり友達の家に寄るなどしていたが逮捕。



このような死刑になりそうな事件の場合、
死刑反対派の弁護士が集まるもので今回もそうなりました。

被害者の遺族に精神的苦痛を与える攻撃を仕掛けたり、
死刑を阻止しようと、
弁護士と犯人は異常な言い訳を繰り返しました。


■弁護士と犯人の言い分

・強姦目的ではなく優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた
・乳児を押し入れに入れたのはドラえもんに助けてもらおうと思ったから
・水道屋の格好したのはコスプレ趣味。だから計画的な犯行ではない
・姿を消した母親の寂しさを紛らわす為、抱きついたら偶発的に起こった事件
・赤ちゃんを床に叩きつけたのはママゴトのつもりで遊んでいただけ
・赤ちゃんを泣き止ませようと思って首にリボンをちょうちょ結びにした
・女性に抵抗されたから首を押さえたら死んだだけ
・死姦したのは『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから
・犯人は精神の発達が遅れていて12歳児程度
(少年法では18歳未満は死刑にできない)



■犯人が知人に出した手紙など

「無期はほぼキマリでして、7年そこそこに地上に芽を出す」

「犬がある日かわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」

(被害者の遺族に対して)
『ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。』

「終始笑うは悪なのが今の世だ」
「ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」




弁護側はいまだに、

「母性に甘えた未熟な少年による犯行だった」

と主張し、反省している更正の可能性があると、
改めて死刑回避を訴えています。

判決は年度内にも言い渡される見通しだそうです。


この事件で、死刑反対派の異常な価値観や思考というものがわかった人も大勢いたと思います。

犯人は必ず死刑にし、
死刑廃止を訴える弁護士の胡散臭さに日本人が気づいて欲しいものです。

☆新しい法務大臣の平岡秀夫ってどんな人!?

民主党代表戦で勝った野田佳彦が新首相になり、
新内閣の法務大臣には平岡秀夫が選ばれました。
hiraoka-hideo.jpg


彼が法務大臣の長となったわけですが、
この平岡秀夫という人物についてよくわかるエピソードがあるので紹介します。


以下にあげるのは2007年6月29日に放送されたテレビ番組

『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』

に彼が民主党ネクスト法務大臣として出演した時の話。

交通事故で障害を持っていた16歳の少年を、
15~17歳の少年たちが暴行し殺した、

『滋賀・青木悠君リンチ殺人』

の遺族の母親と少年法問題で討論したときのやりとりです。

「犯罪者にも事情がある」 民主党・平岡秀夫の発言 【太田総理】



■母親

「意識不明続が続いていた」
「亡くなる前の日、『助けられなくてごめん』と何度も声をかけていたら涙を流してくれた」
「加害者たちは弁護士から『1~2年で出られる』と聞いていたと知った」
「少年院送致というのは保護処分で、罰でもなんでない」
「息子は骨壺になったのに、なぜ加害者は太陽を浴びているんだろうと思った」
「少年院で講演するとき、頑張って生きてほしいとは思うが、自分の息子を死なせた加害者には死んでほしいぐらいの気持がある。矛盾はしているが…」



■民主党・平岡秀夫:

「加害者の人に死の恐怖を味わわせるという気持ちで遺族が本当に幸せになるというか、納得されるとは思わない」
「むしろ、悪いことをした子どもたちはそれなりの事情があって、そういうことになったと思う」



■母親

「事情って何ですか?」



■民主党・平岡秀夫

「事情と言うのは、彼らがどういう環境の中で育ってきたかとか、どういう風な親とか大人とかとの関係であったとか、まあいろんなことが…」
「それは置いておいて…その加害者であった子どもたちにどうなってもらいたいのか?」
「その子供たちが反省し、これからの人生を歩んでくれるなど、そういうことはもういいから、とにかく死の恐怖を味わわせてやりたいということですか」


hiraokaxa.jpg

ちなみに、15~17歳の少年たちが彼を殺した動機は、

「障害者のくせに全日制高校に行くのが生意気だから」

だったそうです。



当然、この平岡秀夫の発言には多くの批判が寄せられたそうです。
そのため自分のホームページで、

・発言は被害者遺族に対し配慮を欠いた質問であった
・バラエティー番組だからという私の気の緩みがあった

と釈明と謝罪をしたそうです。


平岡秀夫がこういう発言するのももっともな左翼思想の持ち主で、

・日本の安全保障は専守防衛政策を堅持
・国連による集団安全保障に頼るべき
・「どの国も敵国視しない」という平和主義を掲げる
・北朝鮮との対話路線外交を推進する朝鮮半島問題研究会を立ち上げる
・海賊から日本の船を保護するために「自衛隊の海外派遣は認められない」と反対
・「海賊のいない平和な海をもたらす努力を自公政権にはうかがえない」と解散・総選挙を行うべきと主張




私もこの番組をみて唖然としたのを覚えています。

しかし平岡秀夫の名はすっかり忘れていて、
今回の法務大臣になったニュースをみて思い出し、

「あの時のこいつが!?」


とビックリしました。

こんな人間が国会議員なのも驚きですが、しかも法務大臣って・・・

こういう人って自分が傷つけられたり自分の身内が殺されても、
同じこといえるのかな・・・



蛇足かもしれませんが

「山一證券顧問弁護士婦人殺人事件」

という事件を紹介します。


死刑廃止運動していた弁護士がいて、
彼は山一證券の顧問弁護士をしていました。

株で損をしたことを理由に山一證券に苦情を入れていた人物が、
彼の妻を殺しました。

「山一証券に株取引で損をさせられた」
「山一の代理である顧問弁護士に自分と同じ苦しみを味わせたかった」


という動機で。

この弁護士は、死刑廃止運動をやめ、
犯人を死刑にしてくれと法廷で証言するようになったそうです。

そして犯罪の被害者が司法に軽く扱われていることを痛感して、
犯罪被害者の権利拡大に取り組むようになったそうです。


その時の彼の言葉です。

「じつは私も、いわゆる『人権派弁護士』の一人だった」

「現行の法制度に馴れてしまい、被害者の苦しみ、権利に思いを致すことがなかった」

「妻を亡くして、初めて常識に立ち戻れたのだ」

☆「死刑制度のあり方の議論が進められているので死刑執行しません」

日本で最後に死刑執行されてから今日で1年になります。

1年前の執行直後の死刑囚は107人。
現在の死刑囚は過去最多の120人だそうです。

意外と多いですね。
10人くらいかと思っていました。

刑事訴訟法には、

『死刑判決確定から6ヶ月以内に執行しなければならない』

という規定があるのですが、
罰則もないためほとんど守られておらず、
死刑が確定してから実際に死刑にされるまで平均でなんと、

7年6か月

もかかっているそうです。

小学校に乗り込み小学生を無差別に殺したという凶悪さで、
異例の早さで死刑が執行されたといわれる附属池田小事件の,
宅間守でさえ約1年かかったそうです。


そのため、刑を執行されないまま、
拘置所の中で一生を終える死刑確定者もいるそうです。


死刑を執行するには、
法務大臣が執行命令書にサインをしなければなりません。

このサイン、法務大臣の思想によってかなり対応が違うそうです。
近年の歴代の法務大臣がどんなふうだったかを載せてみます。


1990年:左藤恵
真宗大谷派の住職であるという宗教的信条から死刑執行命令書に署名せず。

1992年:後藤田正晴
「法相が責任を回避したら国の秩序が揺らぐ」

2001年:森山真弓
「執行しないと決めている人は法相を引き受けるべきではない」

2005年:杉浦正健
真宗大谷派の信徒で「私はサインしない」と就任記者会見で異例の発言。ただし1時間後に発言を撤回。

2006年:長勢甚遠
「法治国家で確定した裁判の執行は厳正に行われるべき」「法の規定に沿って判断したい」
(前任の杉浦正健がサインしなかったため466日ぶりの死刑執行)

2007年:鳩山邦夫
在任期間中13人もの死刑を執行。
朝日新聞から「永世死刑執行人 鳩山法相」「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」と揶揄される。
これに対し「どんなにつらくても社会正義のためにやらざるを得ない」

2009年:千葉景子
「死刑制度がなくなることが好ましい」と死刑制度には強く反対。
しかしこれに反感を受けたのか現職の大臣でありながら参議院選挙で落選。あわてて2人を死刑に。



たいていの法務大臣は、
思想から反対だったり、死刑に反対ではなくても慎重なため、
なかなかサインをせず死刑執行されないままの死刑囚がたまるわけです。


こういう現状と、死刑執行から1年ということで、
江田五月法務大臣がインタビューをうけたそうです。

それによると・・・


法務省で死刑を続けるかなくすかを研究する勉強会を設置したものの、
いまだに論点整理の段階にとどまっていることをあげ、

「議論の最中に執行することは、なかなかできる話ではない」

「人間というのは理性の生き物なので、理性の発露として人の命を奪うのは、ちょっと違うのではないか」

「法務大臣に与えられた権限をどう行使するか、世界の趨勢をにらみながら考えている」


と、しばらくは執行を命じない意向を明らかにしたそうです。
少し前の記者会見でも

「いっぱいたまったから急いでやらなきゃという話ではない」

「死刑というのはいろんな欠陥を抱えた刑罰だ」

「もともと人間はいつかは命を失う存在だ」

「そう急ぐことはないじゃないかという気はする」



などと言っていました。


死刑に関する議論と言うものは、幾度となく行われ、
2009年に内閣府が実施した世論調査では、

「場合によっては死刑もやむを得ない」:85.6%
「どんな場合でも死刑は廃止すべきだ」:5.7%


と死刑賛成派が圧倒的なんですよね。
死刑反対派はそれでも議論がまだ尽くされていないと言い張りますが。


江田法相は死刑執行を権限だといっていますが、
権限と言うより義務だと思います。

法で決まったことを、法のトップが、
従いたくありませんというのはおかしいし、
従いたくないなら辞めるべきです。

森山真弓の、

「執行しないと決めている人は法相を引き受けるべきではない」

に同感です。

でもこの江田五月という人、死刑執行書にサインしたくない割には、
北朝鮮による日本人拉致の実行犯の釈放嘆願書にはサインしたりしてるんですよね。

大学のときは学生運動をして退学になったそうだし、
高邁な信念があるというよりは、ただの反日の左翼な気がします。

☆千葉景子法務大臣、落選! 参院選選挙

昨日の参院選選挙で、千葉景子が落選しましたね。
言葉は悪いですが「ざまあみろ」です。


なぜなら、
最高裁の決定を否定し不法滞在の外国人に在留特別許可を出すわ、
死刑制度に反対だからと執行しないわ、
法を守る気がない法務大臣だからです。


不法滞在問題においては、

「不法滞在だけど大目に見てあげて」

なんて立場上口がさけても言ってはいけない言葉を平気で口にするし、
自分の信条で死刑を執行しないのは職務怠慢。


個人的に死刑反対の信条を持つのは勝手ですが、
死刑を執行する気がないなら最初から法務大臣を辞退しなければ。


そういえば、日本人を拉致した犯罪者の釈放嘆願書に署名もしていましたね。


この人に限らない話ですが、
外国人・犯罪者ばかりを特別扱いし優遇しようとする人間は、
なぜか日本人には冷たく日本と日本人をないがしろにする歪んだ精神の持ち主ばかりで、
いつもウンザリさせられます。


菅首相は民間人となってもこのまま続投させるそうですね。
まったく理解できません…。

ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。