test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆運転手「元中国人・河野化山」の裏に何かあるとしか思えない怪しすぎる謎…群馬・関越道の乗客45人死傷の高速バス衝突事故①

13358592160001.jpg

大型高速バスが道路脇の遮音壁に激突し、

乗客7人が死亡、38人が重軽傷

という事故が先月29日にありました。




そして、千葉県印西市のバス会社


「陸援隊」


の運転手、

13358799450001.jpg

河野化山(43)=千葉市中央区新宿=
(妙な名前ですが後にその理由が明らかになります)


も重傷を負い入院していましたが、
検査の結果から逮捕に問題ないと判断され、 

「自動車運転過失致死傷」容疑

で逮捕されました。






■事故の原因は



事故の原因は居眠りだったそうです。


「居眠りしたのは疲れていたから」


と供述。




高速道に乗ってから事故まで1回15分の休憩を3回しかしていなかったそうで、
会社側も、過労運転を容認した道交法違反の可能性がないか調べられています。


また、シートベルトに不具合があったとの証言もあります。
シートベルトを直してくれと頼んだ客に、
してる人はあまりいないと返答し、
それでも直すように言った客のみ直したそうです。


これでシートベルトをしなかった客は前方に吹き飛んでしまったそうです。
着用アナウンスも無しだったとか。






当初は会社が運転手に無理をさせていたのかと見られていましたが、
しかし、事故の原因はそれだけではないようです。



・河野化山は高速道路のインターチェンジの名前を忘れていた
・運転中にカーナビを頻繁に見ていたのを乗客が目撃
・ルートに不慣れだった可能性がある



などの理由がどんどん明らかになってきました。






■逮捕された逮捕された河野化山(こうのかざん)の謎




調べが進むうちに、運転していた河野化山について、
妙な事実がどんどん出てきます。




・元々は中国人

・中国残留孤児の家族として来日

・来日1年で帰化

・白バス運行で2度の逮捕歴あり(※1)

・妻も中国人で娘ら子供にも恵まれていた

・18年前に帰化したにも関わらず中国の通訳が必要

・居住実態は不明

・「バスを所有し旅行会社も経営しているオーナー」と虚言癖があった





化山とは妙な名前だなと思っていたら、

元中国人

だったんですね。




過去に「白バス運行で2度の逮捕歴あり」とありますが、
これをちょっと説明します。


事業用登録車両:緑地に白文字のナンバープレート
自家用登録車両:白地に緑文字のナンバープレート


であるところから、
自家用として登録した自動車のナンバープレートを白ナンバーといい、
自家用として登録しながら、無資格で違法に旅客や貨物を運ぶことを、

白タク(違法タクシー)
白バス(違法バス)
白トラ(違法トラック)

などといいます。




日本語も通じない、
生活実態もわからない、
過去に二度もバスの運行がらみで逮捕歴のある、
そんな人物を1人で運転させていたんですね。




また、来日1年で帰化していたり、
日本語もよくわからないのに大型バスを運転できる大型2種免許を取得していたりと、
バス事故をきっかけにどんどんホコリが出てきます。


また、残留孤児というのもどうも引っかかります。
というのも、平成になってから日本にやってくるような残留孤児やその家族は、
そのほとんどが成りすましの偽者だからだそうです。


彼個人の問題ではなく、
背後にある組織的な犯罪行為が見え隠れしています。






■詳細な説明


詳しく説明すると、


中国残留孤児の家族として93年12月に来日。

94年に日本国籍を取得。

通常の日常会話はできるが、難しい日本語は理解できない。

取り調べは中国語通訳を通じて行っている。

住民基本台帳上の自宅は千葉市中央区の住宅街。
3階建ての1、2階は中国料理店。

しかし現在の居住実態は不明。

以前は妻が料理店を切り盛りしていたが現在は店を賃貸している


近所の女性

「あいさつをしてくれておとなしい人だった」


同店と取引がある千葉県内の男性

「河野化山は職業を『バスを所有し旅行会社も経営しているオーナー』と説明していた」
「事故後初めてバスの運転手と知り驚いた」







■関連会社

旅行代理店「ハーヴェストホールディングス」


大阪府豊中市の旅行代理店。
乗務員の1日の運転時間が基準を超えていたなど行政指導を過去に受けているブラック企業。
また富山での営業区域外運行などを理由に国土交通相から行政処分を受けている。




バス会社「陸援隊」


千葉県印西市のバス会社。過去2度も白バス営業で摘発されている。
この会社は成田空港に近く、中国人ツアー向けで繁盛してた。
震災で中国人ツアー客の仕事が8割減り、急遽夜行バスに進出。


と、運転手も、旅行代理店も、バス会社も、
かなり胡散臭いというかブラックです。




運転手はもちろん、これらの、
交代もさせずに長距離を運転させたバス会社や、
不当に安い料金でツアーを組んだツアー会社などにも、
責任の追及が行われるのは最初からわかっていましたが、
私は元中国人で運転手の河野化山の背後にあるであろう、
外国人の絡んだ組織犯罪も気になります。
スポンサーサイト

☆新事実発覚!?伊津和真・山下連・今西寿希也の無免許暴走、他にもメンバーがいた!?「無免許8人」でドライブ!?…京都亀岡市10人死傷事故③

mumenkyo_kameoka_namaeiri2.jpg

伊津和真・山下連・今西寿希也
(全員18歳・全員無免許)


の運転する軽乗用車が、京都府亀岡市で、

集団登校中の小学生の列に突っ込み10人が死傷

するという大事故をおこしました。


詳しくはこちら
☆伊津和真・山下連・今西寿希也…無免許運転の少年たちの本名や個人情報流れる!?京都亀岡10人死傷事故①




運転手の無職少年・伊津和真(18)を、

「自動車運転過失傷害容疑」(危険運転致死傷罪より罪が軽い)

で現行犯逮捕。




同乗者の大学生・山下連(18)と専門学生・今西寿希也(18)の2人も、

「道路交通法違反」(無免許運転幇助の疑い)

で逮捕されました。






■車の所有者はだれ?


気になるのが、


「無免許の彼らは誰の車を運転していたのか?」



これはすぐに知人から借りたものと判明します。




軽乗用車の所有者の男(18)の話

「中学校が同じだった山下連からしつこく頼まれ1日だけとの約束で貸した」

「3日たっても車は戻らず今月23日になって事故が起きた」

「車は貸したくなかった」




所有者の祖母

「貸して、貸してばかり言われて孫は断っていたのにあまりにも強要されたので貸した」

「その貸した人がまた違う人に貸していた」

「こっちが被害者みたいなものですよ」







この話が本当なら、無免許の少年に貸した罪は重いとは言え、
集団で家までこられて車を貸せと要求され、
返してもらえず事故まで起こされて、
彼も気の毒な被害者に思えます。


世論も、当初は


「車を借りパクされ事故を起こされた、言わば被害者」


といった扱いでした。私もそう思っていました。


ところが・・・






■新たな事実発覚…実は車の所有者も!?


ところが調べが進むうち、所有者の男性が、


「自分も少年が運転する軽乗用車に乗っていた」
「8人で車2台に分乗してドライブした」


と供述します。 また、


逮捕された伊津和真・山下連・今西寿希也の3人と所有者の他にも、


「別の4人」


がいたそうです。つまり、


合計8人


で携帯電話で連絡を取り合って合流し、
事故前日の22日の夜から、


2台の車に分乗してドライブしていた


ことが判明します。


定員4人の車1台に6人で乗り込んで膝の上に座ったりしていたそうですから、
面白半分でかなり無茶苦茶なことをしていたのでしょうね。


ちなみに全員無免許です。




また逮捕された少年3人は、
道交法違反(集団暴走)容疑で摘発され解散した、

暴走族グループ「亀人会」


の中心メンバーだったことが判明。


他の仲間もメンバーだったようです。






■状況のまとめ


・事故を起こした3人は暴走族

・少年たちは事故の2~3日前に所有者から車を借りた

・所有者を含めた4人がドライブ

・携帯で別の暴走族のメンバーを呼ぶ

・集まった8人で車2台に分乗

・車2台に乗るメンバーを入れ替えながらドライブ

・ボウリング場やコンビニの駐車場などを転々としていた

・22日深夜から23日未明にかけて一人ずつ帰宅していった

・小学生の列に突っ込んだ時は3人だけになっていた




逮捕された3人と車の所有者は事情聴取されていましたが、


「別の4人」


も参考人として任意で事情聴取を始めたそうです。






この「別の4人」の行方が気になりますね。


伊津和真・山下連・今西寿希也が事故を起こしたときに、
たまたま乗っていなかったというだけで、
彼らもやっていることは同じですからね。


「俺たちは運よく逃げ切った!ヤバかったーw」



なんて思っていたかもしれませんが、
そんなに世の中あまくありませんでしたね。




また、所有者の祖母は、
車は山下連に強引に持っていかれたとし、


「こっちが被害者みたいなものですよ」



と言っていましたが、孫も一緒にドライブしていたんですね。
彼の責任もかなり重くなりそうですね。






また、この暴走族グループは、仲間や彼女と、
デコメで簡単にブログや日記やプロフを書けるというのが売りの、


「デコログ」
http://www.dclog.jp/m/Index



というサイトで交流していたようです。




このデコログから伊津和真・山下連・今西寿希也と一緒にドライブしていた、
同じ暴走族グループの、同罪とも言うべき、


「別の4人」


の情報がつかめそうです。
(私のところにも情報提供がありました)




なにか分かり次第、またここで記事にします。





==関連記事==
☆伊津和真・山下連・今西寿希也…無免許運転の少年たちの本名や個人情報流れる!?京都亀岡10人死傷事故①
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-641.html

☆亀岡署、加害者側に被害者10人分の電話番号を無断で教えていた…京都亀岡10人死傷事故②
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-642.html

☆亀岡署、加害者側に被害者10人分の電話番号を無断で教えていた…京都亀岡10人死傷事故②

mumenkyo_kameoka_namaeiri2.jpg

伊津和真・山下連・今西寿希也
(全員18歳・全員無免許)


の運転する軽乗用車が、京都府亀岡市で、

集団登校中の小学生の列に突っ込み10人が死傷

するという大事故をおこしました。




7歳の小学生の小谷真緒ちゃんや、
妊婦の松村幸姫(26)さん、そのおなかの子供が死亡しています。


waf12042413560023-p1.jpg



詳しくはこちら。
☆伊津和真・山下連・今西寿希也…無免許運転の少年たちの本名や個人情報流れる!?京都亀岡10人死傷事故①
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-641.html





この事件で捜査にあたった

警察官がとんでもない失態

をしでかしました。




亡くなった女性の携帯電話の番号や、
死亡した小学2年生の小谷真緒さん(7)の遺族の連絡先など、


被害者10人の住所や連絡先を加害者の父親に無断で教えていたのです。






■加害者からの電話


死亡した松村幸姫さんの携帯電話に、
逮捕された18歳の無職の伊津和真の父親から、


「謝罪したい」
「告別式に出たい」



といった電話がかかってきたそうで、


「どこで番号を聞いたのか」


と問いただすと、加害者の親は


「亀岡署から聞いた」


と答えたそうです。

また、亡くなった小学生の女の子、
小谷真緒ちゃんの遺族にも電話したそうです。




事故の捜査を担当している警察官が伊津和真の父親から、

「遺族に謝罪したい」

と言われ、遺族に無断で、
死亡した松村幸姫さんの携帯電話や他の被害者の番号を教えたということです。






■遺族の怒り



当然のことながら、この警察の無神経な行為に遺族は激怒します。
京都府警側は当初、

「伝えた情報は死亡した2人分だけ」

と松村さんの父親にウソの説明していましたが、実は、

被害者10人分漏らしていたそうです。


警察は、被害者が加害者側に個人情報握られる怖さとかわからないのでしょうか。






■警察の謝罪


「ご家族、被害者の方を本当に傷つけることになり、全く配慮が足りなかった」

と亀岡署で記者会見。


s-6ae15fab.jpg


亀岡警察署長、大棚吉一は、
松村幸姫さん(26)と小谷真緒ちゃん(7)の家族を訪れて謝罪。


s-13353614560069.jpg


「私の部下の監督不行き届きで遺族の皆さんを逆なですることをして、配慮が足りなかったです」

「申し訳ありません」







■遺族の怒りのコメント


死亡した妊婦の松村幸姫さんの父親、中江美則さん(47)


「死んだ娘の携帯(番号)を教えて、死んだ娘が電話に出るんですか」

「子どもは他の病院で頭の骨を折って入院しています」

「そのときに葬儀が近づいています」

「連れて行ってやるべきか、お母さん死んだことも知らない」

「悩んでる最中やったんです」

「無事に娘を天国へ行かせてやることをあなたたちが守ってくれるのが、普通と違うんですか」

「なぜ着信履歴に加害者の父親の記録が残されなければならないのか」

「ずっと携帯電話は置いておきたいのに、捨てろというのか」

「被害者の立場はどうなるのか。本当に裏切られた気持ちだ」



松村幸姫さんの兄、中江龍生さん(28)


「非常識すぎる」

「少年の情報を私たちは知らされておらず、守られているのは加害者の方なのか」






■大棚吉一署長の謝罪の様子


謝罪に訪れたときの様子ですが、
大棚吉一署長は仏前に供える花なども持たずに訪問し、


「部下がやったことだ」


と繰り返し、


「あなた自身の責任はどうなのか」


と尋ねられても黙ったままだったそうです。






・・・これ、個人情報保護法とかどうなっているんだろう。

「被害者に謝りたい」

とストーカーが言えば教えたりするんでしょうか。




それに普段あれだけ高圧的で不親切な態度をとったり、
規則をたてに面倒なことは一切やらなかったりする警察が、
今回の事件に至っては


加害者側には妙に親切


ですよね。




京都の亀岡市といえば、部落や同和の多いところです。


今回の警察の態度は、無神経とか非常識というよりも、
加害者側と警察になんらかのコネがあるか、
加害者側の周辺や背後に面倒な団体がいるような気がしてなりません。




==関連記事==
☆伊津和真・山下連・今西寿希也…無免許運転の少年たちの本名や個人情報流れる!?京都亀岡10人死傷事故①

☆新事実発覚!?伊津和真・山下連・今西寿希也の無免許暴走、他にもメンバーがいた!?「無免許8人」でドライブ!?…京都亀岡市10人死傷事故③

☆伊津和真・山下連・今西寿希也…無免許運転の少年たちの本名や個人情報流れる!?京都亀岡10人死傷事故①

mumenkyo_kameoka_namaeiri2.jpg

伊津和真・山下連・今西寿希也
(全員18歳・全員無免許)


の運転する軽乗用車が京都府亀岡市の府道で、


集団登校中の小学生らの列に突っ込み10人が死傷


するという大事故が起きました。






jikogenba.jpg

13351805860051.jpg




7歳の小学生の女の子と、
26歳の妊婦と、
おなかの赤ちゃんが死亡、

子供2人も重体


・・・という大変痛ましい事故です。
フロントガラスにこびりついた髪の毛が衝突のすさまじさを物語っています。




運転していたのは

無免許の少年・伊津和真(18)で、
居眠り運転のためブレーキすらかけずに突っ込んでいた

ことがわかりました。




burekiato2.jpg

13351805860046.jpg

13351805860048.jpg


*4月29日*
ここに携帯をいじっている少年の画像を載せていましたが、
事件とは無関係の人物の可能性もあるため削除いたしました。



それどころか、運転者や同乗者の少年たちは、

気が動転しているわけでも無く、
救護活動もせず、
現場でダラダラと携帯をいじっていた


との証言もあります。







■車に乗っていた「少年たち」


mumenkyo_kameoka_namaeiri2.jpg

運転していた亀岡市の無職少年・伊津和真(18)を、

「自動車運転過失傷害容疑」
(危険運転致死傷罪より罪が軽い)

で現行犯逮捕。



運転していた少年の遊び仲間で、
無免許であることを知りながら自宅まで送るよう頼んだ疑いがある、
同乗者の大学生・山下連(18)と、専門学生・今西寿希也(18)の2人も、

「道路交通法違反」(無免許運転幇助の疑い)

で逮捕されました。






■あまりに悪質な少年たち

「無免許」
「居眠り運転」
「無免許の前科あり」
「暴走族」
「車は人から借りパク」


と調べれば調べるほど彼らのクズっぷりが明らかになっていきます。
詳しく書くと、


・運転していた少年(18)は無免許

・「一晩中走っていた」「居眠り運転をしていた」 と証言

・mixiのプロフィールに「趣味はドライブ」

・「亀人会」という非行少年の暴走族グループに所属

・2年前にバイクの無免許運転で逮捕

・「2度と無免許では乗らない」と父親に約束していた

・定時制高校を半年で退学

・土木作業などのアルバイトをしたが最近は無職

・事故を起こした軽乗用車は同乗していた大学生の知人のもの

・知人男性の家に7~8人で押しかけ山下連が「貸してくれ」と執拗に頼んだ

・事故の2~3日前に「1日だけ」と借りたがそのまま返さなかった







■個人情報特定


13352726270001.jpg

無免許で運転していた伊津和真が、mixiのプロフィールに、


「趣味:ドライブ」


と書き込んでいたとニュースで報道されました。
その画像から運転していた伊津和真のmixiや本名などの個人情報が特定されたようです。


idukazuma_mixi.jpg


ニュースではプロフ画像にぼかしが入っていましたが、あの程度では、

この犯人を特定して晒し者にして叩いてください


と言っているようなものですね。




idukazuma_unten.png

運転手 伊津和真(いづ かずま)

親離婚で兄と父と三人暮らし。
定時制高校1年で中退。

13352464510001.jpg



自宅は田畑と農家の多い亀岡市保津町。

jitaku.jpg

伊津和真の自宅は周囲とは違い、

・異臭がする
・植木や家屋などの手入れがあまりされていない
・室内からテレビの音が洩れている
・網戸が破れていたりして不潔


だったそうです。

mixi :http://mixi.jp/show_friend.pl?id=34943488
デコログ :http://www.dclog.jp/izukazuma/




yamasitaren_18_doujou.png

後部座席 山下連(やました れん)

大学生。龍谷大との情報あり。
知人から新車を強引に借りパクした裏の主犯。
南丹高校出身。

mixi :なし
デコログ :http://www.dclog.jp/Ren00919/





imanisijukiya_doujou.png

助手席 今西寿希也(いまにし じゅきや)

京都美容専修学校生。南丹高校出身

mixi :http://mixi.jp/show_friend.pl?id=46898675
デコログ:http://www.dclog.jp/jukkina/






山下連の彼女とみられる女性のブログ

も発見されています。


私は海に恋した空。|DECOLOG
http://www.dclog.jp/pikqchu_o9l7/


□むだい
http://www.dclog.jp/en/4353978/465889902


(現在は事故直後の記事はおろかブログごと削除されています)


renta-nn.jpg



テキストにしてみました。


------------------------------------------
私は海に恋した空。 By 猪名川のぴかちゅう。

□むだい


この事件のことに
ついてなんか知ってる人
教えてください。

なんでも、いいんで

なんか、おかしいねん。

なんか、かぶり過ぎて。

とりあえず。

心配やぁー

なんもないんやったら
はよ、連絡してー。

連のこと知ってる人
連絡してください。

マジであのメールが
意味深過ぎる。


てか、さっき
足跡3415やったのに
4000まであがってんねん
けど、これなに?

バグってんの?

renta-nn2.jpg


れんたーん。


2012/04/23 21:38

------------------------------------------



事件に山下連が関係していると感づき、情報を集めていたようですね。

アクセス数が急にUPしているのを不審がっているところを見ると、
はやい段階でこの女性が山下連の関係者だと晒されていたのでしょうか。


おそらくは山下連から送られたであろう、

意味深過ぎるあのメール

の内容が気になります。




今日はこの辺で。次回に続きます。

☆亀岡署、加害者側に被害者10人分の電話番号を無断で教えていた…京都亀岡10人死傷事故②

☆新事実発覚!?伊津和真・山下連・今西寿希也の無免許暴走、他にもメンバーがいた!?「無免許8人」でドライブ!?…京都亀岡市10人死傷事故③




☆てんかん患者の事故とてんかん協会の主張…てんかん患者の免許取得は許されるのか…京都18人死傷事故③

☆てんかん発作が原因か!?てんかん患者の車が祇園で歩行者に突っ込み大惨事…京都18人死傷事故①
☆てんかん患者の暴走事故はてんかん発作が原因か!?京都18人死傷事故②

の続きです。


13344419630001.jpg


てんかん患者の運転する車が京都市東山区で暴走し、

7人が死亡
11人が重軽傷


てんかん患者の運転手も死亡
するという大惨事が起きました。






■てんかん協会の要望


この遺族や大衆の気持ちを逆なでするかのような最悪のタイミングで、


日本てんかん協会

が、法務大臣に、


「刑法および運転免許制度に関する要望書」


を提出しました。




1. 運転に不適切なのは病気の症状(状態)であり、病気そのものや病気のある人ではありません。病名による差別はしないでください。

2. 病気のある人に、症状(状態)によっては運転できないという社会的責任を適切に自覚するための方策を、関係機関と協力をして一層推進してください。

3. 病気の症状(状態)のために運転免許証が取得できない場合には、その状態にある人の生活の不便を補填する施策を、関係省庁と協力をして推進してください。



1は何が言いたいのかちょっとわかりません。

2はまあ分かります。

3は車や運転免許を持ってない人だって大勢いるのに、てんかん患者と言うだけで優遇しろと言うんでしょうか。






■なぜてんかん患者が免許取得できるのか

そもそも、発作を起こして意識がなくなったりけいれんしたりするてんかん患者が、
なぜ自動車免許をとれるのでしょうか。


かつては、てんかん患者の自動車免許取得は法的に制限されていたそうです。
しかし2002年6月、てんかん協会の運動で道路交通法が改正され、


「発作が起きても意識障害を伴わない」
「発作が就寝中に限る」


などの患者は、

「公安委員会の検査」
「医師の診断書の提出」


などの条件付で、てんかん患者でも取得できるようになったそうです。



これだけみると、
てんかん患者の免許取得には厳格な審査があるように感じられますが、

発作がある患者でも虚偽申告すれば簡単に免許が取れる状態

だそうです。





その結果、2002年以降から、
てんかん患者のひきおこした重大事故が急増しました。





まだ記憶に新しいと思いますが、
去年の4月には26歳のてんかん患者

imagesCAQQICG4.jpg

柴田将人

てんかん患者であることを申告せず運転免許を取得し、

発作が原因のものも含め交通事故を12回起こしていた
にも関わらず運転を続け、

てんかんの薬も飲まず、


結局、

登校中児童の列に突っ込み小学生6人をクレーン車でひき殺す
事件を起こしました。






■てんかん患者と免許

てんかんを患ってる人が多少不便な思いをしようが不快な思いをしようが、
やはり免許を取得させるべきではないような気がします。


彼らの利便性や気持ちよさ程度のことと、
大勢の命とを引き換えになんてできないし。



てんかんの発作は薬で抑えられる

というのがてんかん協会の主張ですが、
その抗てんかん薬には、

眠気やふらつきを起こす成分が含まれている


そうです。


イラスト入りでわかりやすい説明がネットにありました。

抗てんかん薬による眠気・ふらつき 茨城県水戸市 水戸クリニック
http://www.tenkan.jp/furatsuki.htm



しかも空腹時など、
体調によっては深い眠気まで起こす場合もあるそうで、
これでは運転など無理な気がします。



そしてなにより多くの人間がおかしいと思うのは、

「てんかんを差別するな、免許を取らせろ」
と言いつつ、事故を起こせば、

「てんかんだから特別扱いしろ、無罪にしろ」
となることなんですよね。


現にてんかんが理由で無罪になる事故もありましたし。


美容師や理容師の国家試験の免許は、

てんかんではないという証明診断書を提出
しなければいけないそうです。




てんかん協会や患者の圧力や攻撃はすさまじいらしく、
作家の筒井康隆は、

『無人警察』

の中のてんかんの記述が差別的であると言われ、
日本てんかん協会からすさまじい抗議を受け、
自宅には嫌がらせの電話や手紙が殺到し、
家族や親戚にまで及んだそうです。





小学生6人が轢き殺された、
栃木・鹿沼市クレーン車事故では、
てんかん患者をやとっていた会社まで訴えられています。


患者が隠してるのにてんかんの確認なんかできませんよね。


てんかんかどうかの確認をすれば、
てんかん協会に差別だと攻撃されるだろうし、

確認をしなければ、
黙っていたてんかん患者の起こした事故のせいで賠償を要求される。


ものすごく迷惑じゃないですか。




てんかん患者の一部は

「免許がないと仕事が生活が」
と言いますが、免許も車も持ってない人なんて、
たくさんいるじゃないですか。




てんかん患者の起こした事故でよく見受けられるのが、

kuren.jpg


「車の運転が好き」
「自分だけはだいじょうぶ」



という運転手の自分本位の考えなんですよね。


仕事のため生活のためだからしょうがないと言いつつ、
結局、本音というか根底にあるのは、

「車の運転がしたい、てんかんだけど自分はたぶん大丈夫」

があるように思います。




てんかんを患っているため、
何年も発作も起きていないし免許もあるけど絶対運転しない、
という自制心の強い人だっています。






てんかん患者が免許を制限されるのが差別でもなんでもない。
周囲だけでなく、運転する本人だって危険なんだから。


正当な区別にまで差別のレッテルを貼っても、
歪みが大きくなり被害も大きくなって、
結局、大衆にもてんかんへの反発が生まれていくだけな気がします。

☆てんかん患者の暴走事故はてんかん発作が原因か!?京都18人死傷事故②

京都市東山区で軽ワゴン車が暴走し、

7人が死亡、
11人が重軽傷


運転していた
13344419630001.jpg
藤崎晋吾容疑者(30)も死亡

するという大惨事が起きました。

(画像だけ見ると優男で暴走するようには見えないですね)





動画はこちら。

京都 祇園事故 衝突の瞬間 ドライブレコーダー(ロング版)







暴走し、大勢の人間をひき殺し、
最後は電柱にぶつかって死亡した藤崎容疑者には、


てんかんの持病



があったのですが、

・追突事故の後、一旦バックして逃げている
・交差点に突入する時にクラクションを鳴らしている


などの事故当時の状況を見る限り意識はあったと見られています。



詳しくはこちら
☆てんかん発作が原因か!?てんかん患者の車が祇園で歩行者に突っ込み大惨事…京都18人死傷事故①




電柱に激突し車内から救出された藤崎容疑者は

「口から泡をはき、目が血走っていた」

との目撃証言がありますが、
発作でなくても事故で肺をやられればそうなりますしね。






司法解剖の結果でも、体内から、


抗てんかん薬の成分が検出


されていたことが判明していることから、
警察は服用した時期と事故と病気の関連について慎重に調べています。


ですが今のところ、

「タクシーへの追突事故から当て逃げするため故意に暴走した」


との見方を府警は強くしているそうです。




てんかんであることを隠して免許を更新し、
家族の反対を押し切り車を運転していたので、
追突事故を起こしたときはそれらのことを考え、
かなり焦ったでしょうから、パニックになったという仮説も頷ける話です。





この事件は被害の大きさや、
最近連続するてんかん患者の起こす大事故ということで、
世間の注目度も高く、いろんな日記やブログで取り上げられ、
さまざまな意見がでています。


また、てんかんに関わる個人や組織にとっては、この事故が


てんかんによるものかそうでないかはかなり重要


で、乱れ飛ぶいろんな言説の背後には、
彼らの思惑が見え隠れするものが多いのです。


ちょっと説明すると、



■もしてんかんの発作でないとしたら…

当て逃げのために暴走し人を轢き殺した藤崎晋吾は重罪人

遺族にも賠償責任

しかし藤崎晋吾個人の罪でしかない






■もしてんかんの発作だとすれば…


遺族は賠償責任から逃れられる

てんかん患者は薬を服用しても発作を起こすことがあると公になる

免許を与えた行政側の責任は重大

「薬を飲んでいれば問題ない」
とてんかん患者に免許を主張したてんかん協会の責任は重大

藤崎晋吾容疑者のように癲癇持ちを隠して免許取得する者への対応が迫られる

てんかん患者の免許取得が難しくなる可能性が高くなる

100万人とも言われるてんかん患者が免許を取れなくなると警察の利権である免許の更新料にひびく







意地の悪い見方をすればいくらでもうがった見方は出来るわけで、

「権力側がてんかん発作ではなかったことにしたがっている」

なんてことを言う人も大勢いました。



ありえない話ではないと思いますが、
今回のケースでは状況から見て発作ではないように感じます。

しかし、暴力的になるタイプのてんかんもあるという話もあり、
まだ予断を許さない状況になっています。



もうすこし続きます。
次回はてんかん協会についてとりあげます。

☆てんかん発作が原因か!?てんかん患者の車が祇園で歩行者に突っ込み大惨事…京都18人死傷事故①

京都市の四条交差点付近の祇園で軽乗用車が暴走し、

歩行者7人が死亡
11人が負傷


するという大惨事が起きてしまいました。



軽乗用車を運転していた会社員、

13342354570051.jpg

藤崎晋吾(30)も死亡。




写真が事故の凄惨さを物語っています。


tenkanjikokoko.jpg

13342454520001.jpg







事故の動画もUPされています。



事故直後の映像・・・車突っ込み歩行者7人死亡 京都(12/04/12)




京都祇園のまっ只中でひき逃げ





彼は1、2年前から

てんかんの発作を起こしていた

にも関わらず、ほぼ毎日仕事で車を運転していたことがわかり、
波紋を呼んでいます。



しかし、当初はてんかん患者の発作のために起こった事件かと騒がれましたが、
そうとも言い切れなくなってきました。






■事件の概要

f36db76c.jpg

当初はてんかんの発作をおこした運転手が歩行者に突っ込んだだけかと思われましたが、


①タクシーに突っ込む

②タクシーの横をすり抜け、当て逃げ

③信号無視して交差点に侵入

④交差点で歩行者をはねる

⑤それでも停まらず車をぶつけながら逃走

⑥最後は電柱に激突し、自分も死亡



jikotenkan.jpg



といった状況が明らかになってきました。

てんかんであれば意識を失うはずで、
こうやって逃げるということは、
接触事故を起こしたり人をひいてパニックになっていたかもしれないものの、
きちんと意識はあったものと考えられます。




■家族の話


藤崎容疑者の姉によると、
藤崎容疑者は10年ほど前に起こしたバイクの事故で、
頭に大けがをして後遺症が残ったため、
その頃から薬を飲み続けていたそうです。


tenkann.jpg


藤崎容疑者の姉

「てんかんで、すごく疲れているときに、家にいる時に、(発作を)起こすことが2~3回あった、この3カ月間に」

「会社の方で、全く車を運転せずに働き続けるか、それが無理であれば、ほかの車を運転しない仕事に就くか、この3日間、家族で話していた」



「目の前で意識を失って痙攣することがあったが、弟は昼間と運転中は発作が出ないから大丈夫だと変な自信持ってましたから言ってもきかなくて」
(ちなみに彼は免許証更新の際のてんかんの申告義務も怠っていた)


そして姉は、


「結局、こんなことになってしまいました」
「勤め先も、病気なのに無理やり運転させるようなところではないので、弟の会社への説明が甘かったんだと思います」
「家族の管理ができておらず、私たちの責任で亡くなった方々にどうおわびしていいのか分かりません」


と泣き崩れたそうです。




姉の話によると、てんかんの発作は、

・仕事が忙しい時
・ストレスがたまった時
・就寝中や家で酒を飲む

と出たそうです。



仕事中や運転中に発作はなかったものの、
最近3カ月間に2回発作があり、

「運転を控えて」
「続けなければならないなら転職して」


と家族が注意し、おとといには、
仕事を辞めて治療に専念しても収入面で困らないよう、
母親が付き添って地元の区役所に相談に行った矢先の出来事だったそうです。



また藤崎容疑者も、

「運転しなくても働き続けることができるか、会社に聞いてみる」

と話していたということです。






■会社の対応

 「事故を起こしても会社に責任はない」

そんな誓約書を会社から書くよう言われたと、
1週間ほど前に家族は打ち明けられたそうです。


また、藤崎容疑者が勤務した会社の社長(70)は、

「てんかんのことは知らなかった」
「健康診断で異常はなかった」

と説明。2008年9月に採用し

「販売も上手で優しい子だった」

と話しているそうです。 



事故を起こしても会社に責任はない、と契約書を書かせていたのに、
社長がてんかんのことを知らないというのは、ちょっと信じられませんね。



勤務先の上司は

「5年間働いていますが、会社で発作を起こすことはなかった」
「藤崎君は車が好きで『家でも乗っている』と言っていましたしね」


と話しているそうですから、会社側も知っていたと思われます。






■原因はてんかんか、否か。


運転手のてんかんの発作による事故とみなされた場合、
死亡事故であっても無罪になったりします。

そういうわけで、容疑者の遺族は、

てんかんの発作

と言うことにして責任を逃れたいのではないか、
などという見方も出てきています。





■日本てんかん協会


遺族や大衆の気持ちを逆なでするかのような最悪のタイミングで、

日本てんかん協会


が、法務大臣に、

「刑法および運転免許制度に関する要望書」

を提出し、さらに問題がこじれています。


要望は、



1. 運転に不適切なのは病気の症状(状態)であり、病気そのものや病気のある人ではありません。病名による差別はしないでください。

2. 病気のある人に、症状(状態)によっては運転できないという社会的責任を適切に自覚するための方策を、関係機関と協力をして一層推進してください。

3. 病気の症状(状態)のために運転免許証が取得できない場合には、その状態にある人の生活の不便を補填する施策を、関係省庁と協力をして推進してください。




これはどういうことでしょうか。

また、日本てんかん協会は、
てんかん患者の運転免許取得にどのように関わってきたのでしょうか。






■てんかんをめぐる思惑


事故の原因はてんかんなのか、そうでないのか。
いろんな思惑が渦巻き、事態は混乱しています。


次回はこのあたりを説明しながら、

「日本てんかん協会」と運転免許

について詳しく取り上げます。

☆「命の差別」か?「障害児の逸失利益=0」について。

逸失利益(いっしつりえき)


という言葉があります。





「本来得られるべきであったのに、得られなかった利益」


という意味で、たとえば交通事故の損害賠償では、

・慰謝料(怪我の治療費や苦痛に対するもの)
・逸失利益(事故が無ければ得られたであろう収入)

などをあわせて計算するそうです。


高収入のスポーツ選手なんかを車で轢いてしまったら、
それだけ損害賠償が高くなるんでしょうね。





成年で定職に就いていない障害者の場合は、

逸失利益は0

と認定されるのが一般的だそうです。
(未成年に関しては裁判所でも判断が分かれる)





「重い知的障害のある次男」

を事故で失った遺族が逸失利益をゼロと算定されたのを、

「命の差別だ」


と訴えた裁判がありました。





訴えたのは名古屋の特別支援学校に通っていた、
当時15歳の少年の母。

少年は市内の短期入所施設に宿泊中に階段から転落し、
亡くなったそうです。

施設側は管理体制の過失を認めたものの、
少年には重度の知的障害があるため、

「逸失利益=0」

と算定。




そのため、

「将来できる仕事はあったはず」

「障害の有無で賠償額に差をつけるのはおかしい」


と母親らは

逸失利益=4000万円

を含む7600万円の損害賠償を求め提訴しました。





和解を勧告した倉田慎也裁判長は、

「将来働くことが出来たかは十分に予測できるとまでは言えないが可能性は認められる」

「逸失利益=770万円」

としました。





13331394400001.jpg

「息子晃平が仕事に就けるよう、学校や家族もずっと支援してきた」

「可能性が認められ、満足している」

「働ける可能性が全く無い人なんて、この社会にいない」

と和解後の会見で、母は話したそうです。





しかし770万円は、

「障害年金の受給額を基準に算定した」

としているそうですから、
収入を得られるかもしれなかったとは認めていないような気もしますが、
どうなんでしょうか。





ちなみに、重度の知的障害者の逸失利益は、
青森地裁が2009に600万円を認める判決を言い渡すなど、
障害者の社会進出などを背景に認められる傾向にあるそうです。





この母親が金目当てでやっているなんて思いません。

一生懸命に愛情をもって育てていて、
仕事に就けるようにもがんばっていたであろうにも関わらず、


「逸失利益=0円」


とされたら、


「お前の息子に可能性なんてなかったんだよ」


と、それらをすべて無視され踏みにじられた気になるのはわかる気がします。





でも、たとえば健常者と障害者で慰謝料が違うのなら、


「命の差別」


でしょうが、逸失利益はただ単に
「本来得られるべきであったのに、得られなかった利益」
ですから、知的障害者のそれが低かったとしても差別ではないと思います。


もしこれが差別なら、
高収入の医者や弁護士も、収入ゼロのニートも、
逸失利益を同じにしないと差別ということになるし。


お役所仕事のようになんでもかんでも機械的にすればいいとは思いませんが、
こういった話逸失利益の計算は、
やはり機械的にしないと収集がつかなくなっていく気がします。


以前のブログでも取り上げた、
カルデロンのりこ事件のような不法滞在者の子供の問題でもそうですが、
なんでもかんでもお涙頂戴になって感情論に流されていっても、
結局、先に待ち構えているのはより大きな破綻でしかないと思います。



こういった社会保障や外国人問題を知るたび、

地獄への道は善意で敷き詰められている

という言葉を思い出します。



==関連記事==
☆「帰れと言われてお母さんが傷ついた」「在留認めて」外国人の子どもたちがパレード

☆フジテレビの悪質バラエティー!?老人が大ヤケド歩けなくなって死亡・・・

週刊文春の気になる記事をとりあげます。


老人を大火傷させ死に追い込んだ、
フジテレビのいい加減なバラエティー番組の現場を、
痛烈に批判しているものです。






■フジテレビ「退屈貴族」


そのフジテレビのバラエティー番組とは。
2003~2004年にかけて放送された、

『退屈貴族』



退屈な表情のタレントに刺激的な映像を見せ、
表情を変えたタレントは画面から消える、
という趣向のバラエティー番組で、
制作側は盛り上げるためにエスカレートしていき、
どんどん刺激の強いシーンを放送するようになったそうです。。






■幽体離脱と火渡り



発端は、この退屈貴族に、

「火渡りと幽体離脱ができる老人がいる」


とネタが送られてきたことから始まります。



このネタを取り上げることにし、企画会議で、


・「幽体離脱」をさせ質問をし老人が困るところを笑いものにする
・その後「超人技の火渡り」をさせ、凄いと驚かせる


という構成だったようです。



こうして、フジテレビの退屈貴族は、
幽体離脱をしたり火の上を歩くことができるという触れ込みの一般人の老人に、
出演を依頼します。






■老人の幽体離脱


フジテレビのディレクターKと社外スタッフYが老人の家に向かい、
軒先で「幽体離脱」の撮影を二時間ほどおこなった後、
火渡りの撮影のために、河川敷へ。






■老人の火渡りの撮影



夕方の都内の河川敷。



老人が用意したダンボールを地面に敷き、
フジテレビが用意した灯油3リットルをまく・・・。

実はこの老人の火渡りは、
ただダンボールに火をつけてその上を渡るというものだったのです。

にもかかわらず、

フジテレビはわざわざ灯油を用意して火力をあげた

のです。


r1.jpg


ちなみに、火渡りは普通は炭を使うそうです。

炭は真っ赤に燃えていても、
熱をあまり伝えることがないため、
ヤケドをすることはないそうです。


だからやり方さえ間違えず、
忍耐強ければ火渡りは可能なのだそうです。。



しかもフジテレビは消火器も用意しておらず、
あったのはバケツの水一杯だけ。

灯油は用意していたのにね。





■火渡りの様子



番組スタッフ
「本当に火の上を歩くんですか」




老人
「歩きますよ」



スタッフ
「とか言って、ちょろっと横っちょ歩いたりして」と挑発




老人
「しない。そんなことは」



老人はスタッフから借りたライターで火をつけ、
たちまち一メートル以上の火炎を上げる道が十メートルほどできあがる。

r1.jpg


ナレーション
「燃え上がりました。燃えさかる炎はアフガンです」
「果たして、本当にこの炎の中を裸足で歩くことなど人間にできるのであろうか」




ディレクターK
「お願いします」




パンツ姿で下半身むきだしの老人は、
燃えさかる火の中に足を踏み入れた。

r2.jpg


ナレーション
「ランボーは、炎の中へと足を踏み出しました」
「ゆっくり、そして力強く」
「人類の未来のため、ランボーは前へと進むのです」


rr.jpg


老人は燃え盛る炎の中を十歩ほど歩いたが、
激痛にがまんできなくなり端まで歩き通すことはできず横に逸れた。

ryoko.jpg


老人
「少し火が強かった」(普段は灯油なんか使わないしね)
「大丈夫」

膝に両手をつき青ざめた表情で気丈に答えた。

r4.jpg




動画はこちら。

退屈貴族「東洋のランボー」







■老人の大火傷



老人は足の裏だけでなく、
太ももまで下半身の広範囲がヤケド。



このときディレクターKは、
足の皮が火傷でめくれ上がっているのを見ていたのもかかわらず、
しかしそれでもピデオを回し続けたそうです。



老人は持参したオロナインを火傷でただれた足に塗ったが、
歩くことはできなかった。



ディレクターKらは、老人を背負ってタクシーに乗せ自宅に送り、

二万円の出演料を支払っただけで、

火傷はほったらかしでフジテレビに帰社。






■老人のその後


老人は動けない状態が続いたあげく、容態が悪化。

ブルブル震えているのを兄が発見し、救急車で病院に搬送。

火傷は足裏から太ももにかけて表面積の三割近くで、
最も重度の三度という大火傷。






■警察の捜査


病院は地元警察署に通報。

警察は老人の話の信憑性を疑いつつも、
火傷を負った日時場所と、
「フジテレビのロケ」であること、
担当者名を聞き出します。



次の日の夜、老人は、
ついに声をかけても返事がなくなり、
体温も三十四度まで低下。

老人は生命が危ぶまれる状態に。



その日、警察署はフジテレビに対し、

・受傷者の氏名
・日時
・場所
・担当者名

を知らせ

「火の上を歩くロケをおこなったか」

と問い合わせた。



にも関わらず、五日後、


フジテレビは「該当するロケはない」と回答



します。



その結果、警察は事件性はないと判断。



隣に住む兄夫婦に事情を聞くこともなく自傷事故として処理。



こうしてフジテレビの関与は闇に葬られます。






■ディレクターK



老人が生死の境を彷徨ってている間も、
ディレクターKらは番組をつくり続けます。






■老人の容態



このとき、病院では、
老人に表皮を移植する手術などが繰り返されていたそうです。


容態はかなり悪く、


・二十日には呼吸が一時停止
・胃の複数ヵ所から出血・吐血
・肺には水が溜まる
・臓器不全に陥るなど、


と、重篤な症状が続いたそうです。



結局、老人は二年後に腎不全で死亡。






■フジテレビの弁明


ディレクターKは

「病院に行くか尋ねたが老人は大丈夫と答えた」

と事故発覚後に釈明しています。









老人にも問題はありますが、
フジテレビもかなりひどいですね。


「該当するロケはない」


と回答するなんて。



警察も担当者まで聞いているのに、
フジテレビ回答を鵜呑みにしているあたり、
もみ消しているような印象をうけます。





プロデューサー:石井浩二

ディレクター:金子傑、渡辺剛、飯村徹郎(現在めちゃイケP)

演出:金子傑


だったようです。

ディレクターKとは金子傑なのかな。

☆在日凶悪犯の母親のあきれた言い分!奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件

在日凶悪犯を警察官が撃ち殺す。

こんな事件が2003年に奈良県で起こりました。



この事件で、35歳の警察官2人が、

「殺人」
「特別公務員暴行陵虐致死」


の罪に問われ懲役6年を求刑された裁判で、
無罪となりました。




この裁判に対する、撃ち殺された在日凶悪犯、

高壮日(28)の母親の金順得(74)

s-ahooya.jpg

の言動が怒りを呼んでいます。





どういう事件で、どういう母親だったのか。

それを説明するために、
この事件を時系列ごとに説明していきます。



■どんな事件だったか



まずどういう事件だったかを説明します。

------------------------------------

①車上荒らししていた男2人が乗った車を警察が発見

②2人は仮出所中で覚せい剤を使いながら車上荒らししていた

③パトカー24台に追われながら市内に向かって140kmも蛇行運転で逃走

④時速100km/h以上で信号無視と接触事故を何度も起こす

⑤2人は高速SAに仲間を待機させていた

⑥国道24号線でパトカーに行く手を阻まれる

⑦警官3人が車を取り囲み投降を呼びかける

⑧男2人は警官らに向かって急発進する素振りを見せる

⑨男2人は捜査車両に向かって車をぶつける

⑩警官2人が助手席側から約1メートルの距離で計3発発砲

⑪助手席の28歳の高壮日(日本名:高橋壮日)の頭部と首に1発ずつ命中

⑬高壮日は約1か月後に死亡

⑭運転席の男(33)は窃盗罪などで実刑

------------------------------------



これじゃあ、犯人はいつ撃ち殺されても文句なんて言えない事件ですよね。



しかし、ここから遺族の逆ギレと、
いつもの「謝罪と賠償しろ」のために長い裁判が始まってしまいます。





■不起訴処分


2003年、高壮日の遺族が、

「殺人罪」
「特別公務員暴行陵虐罪」

で刑事告訴します。

特別公務員暴行陵虐罪とは、
検察や警察が職権濫用して暴力を振るったり、怪我をさせた罪です。

しかし当然、2006年に不起訴処分となります。





■逆ギレする遺族



本来なら息子を恥だと思い、
告訴なんてしないものですが、
遺族はこれであきらめるどころか、
不起訴処分の次の日に付審判請求を提起。

付審判制度というのは、公務員の職権濫用等の罪について、
不起訴などで処分に不服がある場合に、
裁判所に対して審判に付することを請求することです。


こうやって遺族がごねまくったために、

2010年

「特別公務員暴行陵虐致死」
「特別公務員暴行陵虐致傷」


で付審判決定。

2011年にはなんと、
「殺人罪」での審理もされることになりました。





■金も要求する遺族


ちなみに、不起訴処分となった後、同じ年に遺族は

1億1800万円


の国家賠償請求訴訟を起こしています。
しかし、

「市民が危険だった」
「発砲はやむなし」

とあっさり棄却。


しかし、1億1800万円って、どうやって計算した額なんだろう。

前科があって覚せい剤やって車上荒らしやってるような息子に、
母親や遺族は1億円以上の価値があるとでも思ってるのかな。

「生きていたら息子は車上荒らしで1億円以上稼げた!」

とでも言いたいのか。






■付審判では


不起訴だったにも関わらず、
遺族が騒いだために行われた裁判では、


「発砲に正当性があったか」
「殺意があったのか」

が争点となっており、


『検察側』

「発砲は警察官の職務執行法の規定を逸脱し違法」
「助手席窓ガラス後方付近に向け至近距離から撃った」
「未必的な殺意があった」


『弁護側』

「発砲は正当」
「一般市民にも危険が迫り止めるためにやむを得ず発砲」
「運転者の腕を狙ったが、車が動いたため助手席の高に当たった」



と主張。



この裁判は裁判員裁判で、

「公務員の職権乱用」

を一般市民がどう判断するのかが注目されていましたが、
職務執行法がどうたらなんていう法の屁理屈をこね回す連中ならいざ知らず、
一般人の常識なら撃ち殺されても文句も言えない事件だったため、
やはり無罪となりました。



凶悪犯を撃ち殺しただけなのに、
8年も裁判に付き合わされた警察官2人がお気の毒です。




そして今回のブログの本題となる、
遺族の醜さがこの裁判の後で露呈します。





■逆ギレする母親


撃ち殺された高壮日の母親の金順得(74)
(在日は夫婦別姓のため苗字が違うそう)

無罪判決に逆ギレし、


「この裁判はめちゃくちゃだ」
「こっちの言い分を全く聞いていない」
「腹が立って、悔しくてしょうがない」


と奈良市内での記者会見で怒りと不満をぶちまけました。

s-ahooya.jpg


金順得(74)は法廷でも

「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」

と食って掛かったりしています。





めちゃくちゃなのはこの人の頭と息子としつけですよね。


そもそも車上荒らしした上に、暴走して一般市民を危険にさらした、
凶悪犯の言い分なんか聞く必要ないし、
まず腹が立って仕方がないであろう、
車上荒らしの被害者や車をぶつけられたりひき殺されるかも知れなかった人たちに、

「うちの息子がすいません」

と謝罪するのが先じゃないかな。


その辺の損害賠償を、
この母親はちゃんとやっているのでしょうか。
絶対やっていないでしょうけど。

やはり日本人とは感覚が違うんだろうと思わざるをえない言い分です。





金順得(74)は控訴審に対して持参した息子の遺影に

「これからです。絶対勝ちます」

と誓っていたそうです。


不起訴になっても付審判を要求したり、
凶悪事件を起こして撃ち殺されただけの息子に対して

「1億円を超える損賠請求」

を起こしたり、
これからもまだまだ裁判を続けるつもりなところをみると、
理屈も通じず死ぬ間際まで執念深く逆恨みして、
いつまでも謝罪と賠償を要求してきそうで、
ちょっと背筋が寒くなりますね。





■類似の事件

この事件と同じような事件が、2006年に栃木でも起こっています。


ATM付近で不審な行動を取っていた2人組に、
職務質問しようとした警察官が、
体当たりで拳銃を奪われそうになったり、
石灯籠を持ってきて殴りかからってこられたため、警告の上に発砲。


不法残留の38歳の中国人1人が死亡するという事件が2006年に栃木でありました。
(もう1人は逃走するも後に逮捕)



どうみても正当防衛なのですが、

「警棒で余裕で対応出来るレベル」
「明らかな暴行陵虐致死」


と警察官に懲役4年が求刑されました。



正当防衛で無罪判決が出されていますが、
検察官役の弁護士が控訴し、
遺族が栃木県に損害賠償を求めたりしています。




凶悪犯を撃ち殺しただけで有罪になったり損害賠償されたりしたら、
多発する外国人犯罪に対しても、
警察官が及び腰になってまともに取り締まれなくなりますよね。

(もしかしたらそれが狙いなのかとすら思ってしまいます)





このような凶悪犯をかばうおかしな連中は、
遺族以外にも存在します。



その中でもっとも有名でよく引用されるのが、

福島瑞穂(帰化する前は趙春花という朝鮮人)


mizuhozainiti.jpg

「朝まで生テレビ」での発言。



福島瑞穂
「警察官の拳銃使用は絶対だめです」
「犯罪者にも人権があります」
「例え凶器を持った犯人にでも警察官は丸腰で確保すべきなんです」



田原総一朗
「それで警察官が殉職したら?」


福島瑞穂
「それは警察の職務ですよ」
(さらりと簡単に言う)


(会場からええ!!??っという驚愕の声が響き、福島も気まずくなる)


福島瑞穂
「それに犯人が抵抗したら無理して逮捕する必要ないと思うんですよ」
「逃がしてもいい訳ですしぃ~」



田原総一朗
「じゃ、その犯人が別の殺人事件起こしたら?」


福島瑞穂
「それは、それで別の問題ですしぃ~」





・・・人権というものは、
犯人であれ、警察官であれ、
人であれば誰でももっているものなはずですよね。

ですので、

「犯人の人権を守れ」
「そのためには警察官や他の人間が危険にあってもかまわない」

という言い分は、
警察官と他の人間には人権がない
と言っているのと同じで、
この福島瑞穂という人間の考える人権とは世間一般のそれとは違うのでしょうね。




日付は忘れましたが、昔読んだ産経新聞の過去の記事で、

----------------------------------------
人権とは人であればどんな人にでもあるもので、
ある一定の集団や立場の人々にだけに
人権という言葉を使うなら、

それは人権ではなく特権だ
----------------------------------------

という趣旨の記事があり、
とても納得したのをおぼえています。
ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。