test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆「在留カード」に対する在日外国人の「図々しい言い分」

7月から「外国人登録証」が廃止になり、日本にいる外国人には、

「在留カード」

が交付されることになりました。




☆「帰れと言われてお母さんが傷ついた」「在留認めて」外国人の子どもたちがパレード
でも説明しましたが、

「外国人登録」

さえしておけば、不法滞在者であっても学校に入学したりなどの、

「行政サービス」

を受けることが可能です。






強制送還される両親と一緒に帰る帰らないでもめていた、
不法滞在していたフィリピン人両親の娘、

41600fe2.jpg

カルデロンのりこ

が日本の学校に入学できたのもこういった理由からです。






今回の「在留カード」の導入は、

「不法滞在者」
「不法就労者」


をなくすことを最大の目的としていて、
一定期間内に在留カードへの更新が義務付けられています。

(厳しくなったと言うより今までが甘すぎた気がします)




このニュース知った中国人の反応や、
反対運動している人間の主張が、


「やはり日本人とは感覚が違うな…」



と感じたので取り上げてみます。


その前にまず軽く在留カードを説明してみます。






■「在留カード」とは


・氏名
・基本的身分事項
・在留資格
・在留期間
・顔写真

がカードには載せられます。


このカードをもつ外国人が、
ちゃんとしたパスポートで日本から出国し1年以内に再入国する場合は、

「原則として再入国許可の手続きが不要」

になるというメリットがあるそうです。




東日本大震災の際、
再入国許可の手続きをせずに慌てて出国した外国人が多く、
再入国に手間取ったことがあったのでそういう風になったみたいですね。




我々日本人からすると、

「外国人にずいぶんと便宜を図ってやってるんだな」

と感じますね。






■「在留カード」を歓迎しない外国人の理由



しかし、この便利な「在留カード」に反対する外国人が大勢います。


偽造した外国人登録証を使用している中国人が多く、
当然、彼らは「在留カード」への更新をすることができず、
そうなればアルバイトすらできなくなるからです。


また、留学生の場合、

「アルバイトは週28時間以内」


と決められているそうですが、
中国人はこれを超えている場合が多いのだそうです。





■中国人留学生の「言い分」


中国の新聞で取り上げられていた在留カードに対する

「中国人留学生の劉」


の発言に中国人の思想がよく出ています。

-----------------------------------------------

「中華料理店で週60時間働いているが、在留カードには

『週28時間を超えると違法』

と書かれるらしい」


「日本人は決まりを守るから、これを知ったらきっと働かせてもらえなくなる」

-----------------------------------------------



60時間というと週一日休みとすると、

1日10時間


も働いている計算になりますよね。


留学ではなく違法に出稼ぎに来ているようなものです。






また気になったのが、


「日本人は決まりを守るから、これを知ったらきっと働かせてもらえなくなる」



の一言。




「日本人は決まりを守るから」


というサラッと言った一言で、

「中国人は決まりを守らない」


と自白しているようなもので、

中国人の遵法精神の低さ

が嫌と言うほどすけて見えてきます。






■「在留カード」に反対する人


13349095540001.jpg


不法滞在や密入国している外国人は、在留カードの交付で、
行政サービスが受けられなくなったり、
法務省入国管理局(入管)の追求が強まったり、
働けなくなることへの不満を、


『管理』ではなく『共生』のための制度を


なんて都合のいいキレイな言葉でごまかして反対運動を起こしています。


しかし、

「不法滞在者」
「不法就労者」


を取り締まるのは法治国家として当然で、
反対している連中は、

「日本の法を守る気はありません」

と言っているに等しいと私は思います。




法を守るという当然の義務も果たさず、権利だけを主張するのは、
それは共生ではなく寄生です。




京都で起きた「在留カード反対デモ」では、

s-omaeragaunko.jpg

在日韓国人が大便を日の丸にデザインして練り歩く

という最低の差別行為を我々日本人に対して行っています。






日本人に権利を要求するにも関わらず、
日本人を逆恨みし憎悪し差別するこのような連中や、
当たり前のように中国人が飲食店で不法就労していたり、
生活保護費の総額が

「国家予算の9%」

となり日本の大きな負担となっているにも関わらず、
中国人が日本で生活保護を当たり前のような顔をして受け取っていたり、
密入国者が当たり前のように日本で行政サービスを受けているのを見れば、
彼らに厳しく対応せざるを得ないなと思います。






==関連記事==
☆「帰れと言われてお母さんが傷ついた」「在留認めて」外国人の子どもたちがパレード
http://tiamo2010.blog122.fc2.com/blog-entry-620.html
スポンサーサイト

☆「帰れと言われてお母さんが傷ついた」「在留認めて」外国人の子どもたちがパレード

今年7月に、日本にいる外国人の、
在留管理制度が新しくなるそうです。

「外国人登録制度」

が廃止され、不法滞在の取り締まりがより厳しくなるようです。





他人に成りすまして日本に密入国し、
不法滞在していたフィリピン人両親が強制送還されそうになり、
娘だけ日本に残るか、
娘も一緒にフィリピンに帰るかでもめにもめた、

カルデロンのりこ事件


が話題になったことがありました。

41600fe2.jpg




あの事件のとき、不法滞在の家族の娘が、
当たり前のように日本の学校に通っていたことに驚いた人も多いのではないでしょうか。





「外国人登録」


は外国人の居住地の認定のために行うもので、
在留資格があるかどうかは別問題なのだそうです。




ちょっと驚くのですが、不法滞在者であっても、

「在留の資格なし」として外国人登録する事ができる


そうです。





また、窓口でも、

「不法滞在者が登録をしに来てもあえて入管に通報する必要はない」

といったマニュアルが作成されていたため、
また行政サービスを受けるには外国人登録が必要な場合もあったので、
以前は不法滞在者であっても外国人登録を行う人が多かったようです。

(ちょっと普通の感覚では考えられないですよね・・・)





要するに、自治体に外国人登録さえしておけば、
在留資格のない不法滞在でも、

「乳幼児健診」
「就学の案内」


などが送られてきてサービスを受けられる現状があったそうです。





この外国人登録制度が廃止されるため、
不法滞在や密入国している外国人は、

自治体に把握されない→行政サービスが受けられない
法務省入国管理局(入管)の追求が強まる


ことを恐れているようです。




不法滞在や密入国をしている外国人が、
税金をきちんと納めてきた日本人と同様のサービスを、
無料で受けることができた現状こそおかしいので、
むしろそうなるべきだと私は思いますが。





こういう背景もあり、
在留資格のない外国人の子どもたちが在留を認めてほしいと、
東京・銀座でパレードを行ったそうです。


fsdfsfasda.jpg

sssssss.jpg

sdadadasdasd.jpg





こうした不法滞在の外国人は現在6万人以上いるそうで、
日本で生まれ育った子どもも多く、
両親が日本に滞在する許可を得られなければ、
親の祖国に送還されたり、
親子離ればなれになる可能性もあるとして、


「在留特別許可を一刻も早く出してほしい」

「日本にいたい」

「何回も入管に帰れって言われて、お母さんが傷ついた」


と訴えているそうです。





また支援団体は法務省に対し、

「親子・夫婦の仲を裂かない人道的な措置を求めたい」

と主張しているそうです。






「親子・夫婦の仲を裂かない人道的な措置を求めたい」

はおかしな言い分ですよね。
親子そろって国に帰ればいいんだから。


それに子供がいるから日本にいてもOKですよ、とやると、
不法入国して日本に居座るために子供をつくったり、
妊娠した中国人女性なんかが押しかけてくるのは目に見えています。


それにキツい言い方ですが、
日本人相手にパレードする前に、自分の両親に、

「日本に正規に入国しなおして」

と言えばいいのに…と思ってしまいます。




こういう相手の同情をひこうとするやり口や、
子供をダシにした手口は、どうも信用できません。





それに、日本に不法に居座って、
日本で甘い汁を吸おうという人たちが、
日本のために何かしてくれるとは思えないんですよね。



祖国すら見捨てるような人たちが、
他国である日本のために汗を流すとは、到底思えないのです。



密入国した中国人に生活保護が使われるケースも腐るほどあるのを見ても、
日本人が一生懸命豊かにしてきた日本に後からやってきて、
甘い汁だけ吸って日本を食い物にするだけして、
日本が貧乏になってどうしようもなくなったら、

「また違う国に密入国すればいいや」

とでも彼らは考えているのか知れませんが、
我々日本人には日本しかないのです。





カルデロン事件のときは無責任なマスコミが、
のりこをまるでかわいそうな被害者かのようにとりあげ、大衆を扇動しました。
そのため

「日本人はお涙頂戴に弱い」

というのが世界中に知れ渡った感があります。





今回も子供をダシにしている連中が裏にいて、
そいつらが悪いとは思うのですが、

「帰れと言われてお母さんが傷ついた」


こういう言い方はすこし気に入りません。



まるで日本がひどいことをしていて、
自分たちは被害者かのように振舞われるのは我慢なりません。



「ニュースを見てお父さんが傷ついた」

と入管の子供が言い出したら、
彼らは素直に帰ってくれるのでしょうか・・・。





また、カルデロンのりこ事件のときは、
帰るのを嫌がる家族を見たフィリピンの政府関係者が、

「そんなにフィリピンが嫌なのか」

と眉をひそめたそうですが、本当にそうですよね。


フィリピンなんか最悪なところだと、
家族も支援者も思っているのでしょうか。

それはフィリピン差別なのではないでしょうか。





こういう「子供たちへの被害」をすこしでも減らすために、
不法滞在の外国人が長年日本に居座って、
子供をつくったり、子供が大きくなる前に、
強制送還にしたほうがいいかもしれません。



入国管理局通報フォーム
http://www.immi-moj.go.jp/zyouhou/index.html


では不法滞在の外国人を通報できるようになっていますので、
不法滞在者はどんどん通報するのもよいかもしれません。
ブログカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
タグクラウド
最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSS登録
RSSリンク
test 最新記事サムネイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

てぃあーもたん

Author:てぃあーもたん

ツイッター始めました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。